人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 28日

こころのおやど 自在荘3

f0208112_1747850.jpg
9月終わっちゃう~

那須温泉 自在荘の夕食&朝食

ササササッーといきます。

詳しく感想も書きません(笑)ので

ご想像にお任せってことでお願いします。


夕食はかなり久しぶりの 「部屋食」でした。

着物姿の仲居さんが準備してくれます。

こういう光景も久しぶりです。



f0208112_17524930.jpg
いろいろとセッティングに忙しい仲居さんの手(笑)

「料理の写真撮ってもいいですか?」
「はい~どうぞ^^どうぞ~
よろしかったら、”奥さま” ご主人と一緒にお撮りしましょうか?」と
言ってくれましたが

「いえいえ、いーんです^^ 私たち二人でってあんまり撮らないし」

「奥さま」って言葉に妙に反応しちゃいました^^

久しく誰からもそんな呼ばれ方してなかったので
くすぐったいような、変な感覚でした。

”おくさま~”



夕食一斉に載せまーす^^
f0208112_17575966.jpgf0208112_17583768.jpg


f0208112_1803122.jpgf0208112_1811188.jpg


f0208112_1814245.jpgf0208112_182192.jpg


f0208112_1851516.jpgf0208112_1841524.jpg


f0208112_1861443.jpgf0208112_1862943.jpg


f0208112_1873081.jpg
ごちそうさまでした。

kazuさんはお昼ご飯が少なくて(パーキングのラーメン)
お腹が空いていたのか(笑)

「面白い~」 とか言いながら、あっと言う間に完食してたけど・・・
まぁ確かに・・3段仕様になってる木製のお膳?みたいなのは
なんだか、ひっさしぶりにこういうの見るわ~って感じでしたけどね。


私は、どうも不完全燃焼で終了した晩ご飯でしたね。
露天風呂付き客室とはいえ・・・@19950
主婦の感覚からするとですねぇ 20000円出したら・・もうちょっと^^;
ってなります。

栃木牛も焼いたら固かったし^^; すごく残念だったわ。



f0208112_18122030.jpg

最近、特に気になり出した宿の寝具。

自在荘さんは、私的な評価は◎!!花丸でした♪

敷布団と掛け布団の白いシーツは、パリッパリで糊付け充分だったし

何と言っても、顔周りに触れる部分には、取り外し可能の別なサイズの
白いカバーが取り付けてありました。

もうね、寝具は基本中の基本だと思いますよ。 宿泊施設だったら。

前日のお客さんが使ったままの、ちょっとヨレヨレになった掛けカバーなんて
使っちゃいけませんって。

何処の宿とは書きませんけど(笑)



f0208112_18262426.jpg
あっ! 忘れちゃいけない♪
お夜食の~ かんぴょう巻き~♪

なんでもこの辺りはかんぴょうが特産だとか?
美味しく頂きましたよ。 小腹も空いてましたしね。

ちなみに、おにぎりは言わずと知れた船山のお夜食~
やっぱ・・・いろいろ似てるわ(笑)

f0208112_18275075.jpg


f0208112_18361178.jpg

こちらが朝食会場

12組が一度に食べるのはちょっと無理なのかな?広さが。

私たちが行った時には、もう食べ終わったお客さんも
何組もいました。

こんな賑やかな朝ごはんの雰囲気も久しぶりです。

いつもは、個室や囲いのある部屋で食べるのが多かったので

なんとなく新鮮さも感じました。



f0208112_18413243.jpgf0208112_1841822.jpg


f0208112_18434073.jpg

素朴な朝食でした。

色々と頑張ってます!感があった夕食よりも
私は好きですねぇ こういう朝ごはん♪


見渡すと、女性客8割に対して男性客は2割

圧倒的に女性が多かったです。
それもご年配の方が多かったかな。

那須周辺の別荘族の方達が立ち寄りもされるので
お風呂は夜の8時まで受け付けているというお話も伺いました。


「混み合っていたようで・・申し訳ありませんでした」 と若女将。

全てのお客さんの要望を聞き入れていたら宿の経営も
成り立たなくなってしまうでしょう。
けれど、ひろーい心で、お客さんの言葉に耳を傾けてくれる。

まさしく、そんなおもてなしの心が伝わってくる素敵な若女将でした。



f0208112_1854921.jpg
自在荘さんの看板犬 「空」 くうちゃんと読むそうです。

宿のHPに写真があったので、チェックアウト時に女将さんに聞いてみました。
「あのワンちゃんは何処にいるのですか?」
女将さんは、急に淋しそうな悲しそうな顔で
「8月に・・・天国に逝きまして・・・急なことでしたので、まだ信じられませんで・・」

そんな会話をしながら、自在荘を後にしました。



f0208112_1859956.jpg
お世話になりました。

我が家では久しぶりの北関東 

東北道を走ってやってきた那須

いつまでも長湯できそうなやさしい感触のお湯に浸かり

猛暑!猛暑だった今年の夏の疲れも癒されました。


こころのおやど・・・自在荘


長らく見て下さってありがとう~ おわり^^



f0208112_19144040.jpg
次回・・・予告(笑)  いやー♪ 美味しい肉だった。。。
あっちに行けない私に付き合ってくれてありがとう~また行きたいっ(笑)


f0208112_2335093.jpg



by satomi-kazu | 2013-09-28 19:26 | 那須 こころのおやど 自在荘 | Comments(17)
2013年 09月 22日

こころのおやど 自在荘2

f0208112_11583067.jpg
夫婦で訪れた温泉宿や、外食でのお店をブログで記事にしてますが
数多くのブロガーさんが、宿の様子を詳細に紹介するのとは違って
私のブログって客観的にみると、すごく「いい加減」だと思うことがあります。

今までも何度となく書いてきましたが、やっぱり基本は
夫婦の記録と感想なんだわねぇ~と(笑)

見にきてくださってる皆さんには解り難い?かもしれないのですが^^;
自分でブログを読み返してみると、「イマイチ!」「再訪無し!」な
宿やお店は実にサラーーッと流し気味に記事にしています。



ということで、今回の宿 こころのおやど 自在荘
「いい加減」では無くて「良い加減」となりますように。



f0208112_12323889.jpg



さて、宿ご紹介~

館内はどこもとってもキレイでした。

正直、宿の外観を見た時は
「あれ?古っ・・・」が最初の感想でしたが
リニューアルされたのかな?って感じる程、清潔感いっぱいでした。

このらせん階段は、フロントから大浴場へ向かう階段です。



f0208112_12405534.jpg

階段を降りてすぐ左に
貸し切り風呂の入り口があります。

宿泊者は無料で利用できます(予約制)

立ち寄りのお客さんは別途料金がかかるみたいです。

私たちも、一回予約して利用しましたが
部屋の露天風呂の方に断然軍配で、貸し切り風呂は
写真さえ撮るのを忘れました。

しかもカラスの行水で、30分利用できるのに
10分足らずで上がってきました(笑)



f0208112_12482118.jpg

湯上り処

血圧計測器や大きなマッサージチェアが2台など

年配者に嬉しい取り揃え(笑)

もう既に年配者の域に達している私も
喜んで使わせてもらいました。



f0208112_12511559.jpg

そのいち^^

足裏マッサージ機

結構な威力で驚く(笑)



f0208112_12545616.jpg

大浴場の入り口には、飲泉所も。

冷たいお水を風呂上りにすぐ飲めるように
なっていて、とてもいいサービスだと思いました。

こんなところも、船山に似てるわ~と思いました。



前後しましたが、フロント階には、小さなお土産売り場もあったり、夜には飲み足りないお父さん達が利用できる居酒屋風な広間もあったり。 
ちなみに朝食はこの会場で頂きました。


f0208112_12595067.jpgf0208112_130487.jpg


f0208112_1352664.jpg
さて、今回の私のツボ(笑) 大浴場です。

男女別に、内湯と露天風呂がひとつずつ・・・
(少ないよ~ひとつずつじゃ。心の声・笑)
夜の12時に入れ替えで、宿泊客はどっちにも入れます。

私たちが泊った露天風呂付き客室は3部屋なので
その他の客室は10部屋 仮に満室だったとして・・・
尚且つ、立ち寄りのお客さんを夜の8時まで受け付けているので
混雑は避けられない・・・と、この日に(平日)宿泊した私が
素直に感じた感想です。

実際に、お風呂の写真撮りたいなーと、何度あの赤のれんを
くぐっては断念したことでしょう(笑)
いつ行ってもスリッパが・・・・



f0208112_13143595.jpg
私  
「また、ダメだったよー 写真無理かも~~」

kazuさん 
「いいじゃない、撮らなくても~ 部屋の露天風呂はカメラに
残ってるんだからさ」

私  
「・・・だよねぇ・・・まっいいっか、でもなぁ・・・いい~雰囲気なんだよ、大浴場」

kazuさん  
「だったら頑張れば、ボクは寝る」

私  
「ひゃー冷たい(笑) よーしこうなったらもう意地だ!」

で、写真です(笑) 男女入れ替えの直前 夜の11時45分頃だったかな。



f0208112_1325684.jpg
上のブクブク写真はジャグジーです。 すごく気持ち良かった。

浴槽は大小2つ

ライトアップされているんですが、如何せん安カメラなので
露天風呂の素敵な雰囲気が上手い事撮れていません。

石造りですっごく重厚な雰囲気のいいお風呂でした。

私は、身体上の理由もあって、貸し切り風呂や
部屋に付いてるお風呂ばっかりで、大浴場には
殆ど入らないのですが、その中でも自在荘さんの
露天風呂は、素晴らしい雰囲気でした。

いつ行っても、誰かしら入浴してる・・・
その理由も理解できるほど素敵なお風呂でした。



          ん~~ 何度も何度も赤のれんをくぐって、誰もいない時を見計らってやっとカメラに収めた写真。 
            自己満足の何物でもないんですが、こうして見ても、何とも言えないいい~雰囲気のお風呂だったなぁと・・しみじみ(笑)
            そんなに何度もムキになって写真撮らなくても~・・・って、温泉ブロガーさんだったらこの気持ち解っていただけますよね(笑)

f0208112_13341458.jpg

f0208112_146860.jpg

ちなみにこちらが男女入れ替え後の女性風呂です。

同じく大小2つの湯船があるのですが
こっちのが2つとも小さ目。


朝食後に入りに行きました。



f0208112_1491979.jpg
木枠の湯船

オシャレなリクライニングチェアなんかあったり。

そうそう、肝心なお湯ですが
どちらかと言うと熱いお湯が好きな私には
ちょっと温めな温度でした。

源泉が60℃くらいらしいので、湯量で調節してるのでしょうが
真冬でこの位の体感温度だと寒いかもしれないです。

お湯の感触は、サラサラとまったりの中間?と言った感じ。
おとなしめで、いくらでも浸かっていられそうなお湯でした。



f0208112_14174134.jpg
夕食、朝食と一気に・・・と思ったのですが
疲れちゃいました(笑)

また、日を改めて続きを書きたいと思います。

日本酒を注文したら、こんな感じで出してくれました。

ほらねーやっぱり船山と似てるでしょ(笑)
   ↓ こっちは船山^^


f0208112_14231292.jpg



by satomi-kazu | 2013-09-22 14:27 | 那須 こころのおやど 自在荘 | Comments(14)
2013年 09月 14日

那須 こころのおやど 自在荘


f0208112_2336401.jpg

我が家では久しぶりの東北道

往路の運転担当はkazuさん。

今時、ナビも付けてない車ですが
地図大好き男のkazuさん

私が頑なに「ナビ付けよってばさー」と言っても

「あちこち、走りながら行くのが面白いよ」って

受け付けず・・・・・

迷った時の、私からの罵倒攻撃も慣れたもよう(笑)



f0208112_12231849.jpg

首都高を抜けて東北道に入ってから予報通りの雨

というかどしゃぶり(笑)

今年は、集中豪雨だったり落雷だったり竜巻だったり・・

ホントに多い年でしたね。

060.gifドライバーズ、シートまで~横なぐりの雨~
ワイパー効かない夜のハリケーン060.gif 

この曲が鼻歌交じりに出てきました・・・

年代判るわぁーモロバレだぁね(笑)



宇都宮でお昼をと、鹿沼ICで途中下車 宇都宮餃子みんみん・・・・店舗前の行列くらいなら、決行したんですが、駐車場の奥まで続く行列に断念。 
もう一軒の有名処「正嗣」は臨時休業で、踏んだり蹴ったりでした。


f0208112_12494845.jpg 
f0208112_1250053.jpg


再び東北道に乗り那須まで・・けれど、アタマはもう既に餃子!モードだったので、上河内SAでのお昼ご飯は餃子定食♪ 
お味は・・まぁSA仕様ってことで042.gif


f0208112_1254759.jpgf0208112_12541913.jpg


f0208112_1305682.jpg
kazuさんは、ゆず塩ラーメン湯葉こうや豆腐添え
(長ったらしいネーミングだわ^^;) 

こっちの味もそれなり
042.gif

私の餃子定食 
餃子の数がハンパなさそうに見えますが
宇都宮の餃子って、一個が小ぶりで
野菜が多くて、おやつ感覚で食べれちゃうので
(言い訳に必死だなぁ011.gif

トリプル(18個)でも、問題なく・・・・

kazuさんも一緒に食べてますしね(笑)



チェックインは午後2時 「こころのおやど 自在荘」 写真は晴れた翌朝のものです。 全13室ほど、中規模のお宿といった感じでしょうか。
私たちが泊ってきた宿の中だったら「船山温泉」に似た雰囲気かな。スタッフさんの数も、経営者(女将さん旦那さん)の奮闘振りも。

f0208112_13115071.jpg

f0208112_13181731.jpg

平日にも拘わらず、玄関横のウエルカムボードには
12組の名前がずらり

車が宿入口に入った途端に作務衣姿の男性スタッフが
駆け寄ってきて、「いらっしゃいませ~」
満面の笑みです。

う~む・・・のっけから「あれー船山そっくり~^^」

お出迎えの雰囲気だけで、宿の接客応対には好感度抜群でした。

初めてのお宿、やっぱりプロローグはワクワクじゃないとね♪



f0208112_1333628.jpg
玄関入ってすぐのフロント
着物姿の女将さんが、直接部屋に案内してくれました。

ネット予約サイトからだったのもあるのかな?
宿帳への記載も一切なかったです。

玄関では後ろから男性スタッフの声が・・・
「ご入浴のお客様~~ いらっしゃいませ~~」

??? あっ!立ち寄り入浴のお客さんね・・・
ん??でも、もう午後2時だけど、まだ受け付けてるんだ・・・

しかーし、2時なんてもんじゃありませんでした(笑)
このお宿立ち寄り受付がなんと午後8時!!

ふ~む・・・ふむふむ(笑)



f0208112_1346921.jpg
驚異の日帰り入浴8時まで~(笑)は、またあとで触れます。

さて、女将さんに案内されたお部屋は「萩」

この宿には3つの露天風呂付き客室があります。

その中でも「萩」は一番広いお部屋でした(16畳)
ちなみにあとの2つは共に8畳なんですが
夫婦ふたりの私たちがなんで一番広い部屋だったのかな?

予約時に部屋指定は出来ないシステムになっているので
宿が決めた部屋割りです。
お隣の8畳間のお部屋は、3人の家族連れだったんですがね・・

しかも、私たち今回は某〇〇らんで、ポイントをかなり使用しての
宿泊だったのでちょっと驚きました^^



                  広いです。16畳なんて、居場所が落ち着かずうろうろ(笑)
f0208112_1359663.jpg

f0208112_1414691.jpg

                 広縁の向こうには、キレイに手入れされた庭が広がっています。 なかなか落ち着くいい雰囲気でした。
f0208112_14343.jpg

f0208112_1410131.jpg

今回のお宿は少し丁寧に?(笑)
ブログに残そうと思っていますので
文言や説明など多くなりますがご了承^^; 

洗面台なんかの写真は普段あまり撮らないんですがね。

個人的に、イマイチ宿はサラーっと簡単に流すので
自在荘さんは印象に残ったってことで。

そうそう16畳の部屋なので洗面台も2つ!

5~6人は泊まれるお部屋でしたから。



さて、今回の旅で一番気に入った、部屋に付いている客室露天風呂です。 大人3人は余裕で浸かれる広々お風呂♪
大きな窓を開け放てば、気持ちいい風が入り込んできます。 屋根はあるので雨でも大丈夫(^^)v

f0208112_14204395.jpg

源泉100%のお湯が掛け流しです。 お部屋に源泉掛け流しの温泉がある・・・いつでも入れる・・贅沢です。 幸せだぁ^^
f0208112_14233326.jpg

f0208112_14291683.jpg
那須御用邸にも引き湯している源泉だそうです。

ありがた~く(笑)堪能しました。

源泉温度は60℃くらいあるようですが
この日は、40℃~41℃の体感温度で快適
お湯の量で温度調節するのでしょうから管理が大変ですね。

チェックイン後には雨も上がりました。
庭の緑も雨を受け清々しく、いい~匂いです。

kazuさん後頭部ショットも飽きたので(笑)
今日はこんな感じ^^



f0208112_1439596.jpg

お風呂上りの生ビール

フロントに電話すると女将さん自ら運んできてくれました。

ジョッキもキンキンに冷えています。

グイッと一杯・・・至福のひととき


こういう時間を過ごす為に、ガンバってお仕事するのですね。

kazuさん、毎日お疲れさま♪

またいろんな場所に行けるようにお互いガンバ~



清潔感あふれる館内や、夕食と朝食、そして8時まで立ち寄り可の(笑)大浴場などの様子はまた次回に♪

f0208112_1450995.jpgf0208112_14502073.jpg



by satomi-kazu | 2013-09-14 14:58 | 那須 こころのおやど 自在荘 | Comments(10)
2013年 09月 10日

お・も・て・な・しぃ~


f0208112_9303667.jpg

トウキョ(笑) 

祝 2020東京オリンピック


まさに、タイムリーなそんなお宿に泊まってきました。


おもてなし・・・来年の流行語大賞間違いなし?^^



                                 コスモスが秋の空に映えわたっていました・・・気持ちのいい休日でした。
f0208112_9345942.jpg
   
                                                                 To be continued

by satomi-kazu | 2013-09-10 09:43 | ひとりごと | Comments(6)
2013年 09月 07日

残暑&猛暑の休日

セミの鳴き声も聞こえなくなった猛暑日。 お休みが一緒になったので、お昼に出掛ける。 写真は高架工事中の国立駅北口
f0208112_12424563.jpg

北口からバスで20分 お気に入りの中華やさん「浜木綿」でランチ。 お酒も飲むのでバスでねぇ~
f0208112_12455758.jpg

冷やし中華も最後?かな。
f0208112_21162143.jpg

f0208112_12484953.jpg

f0208112_12484037.jpg

どの料理も、ものすっごく美味しい~^^;という訳でもないけれど、料金からすれば大満足と言える。 
平日の昼もお客さんでいっぱいなのでそれも頷ける。 この日のデザートが美味♪ 杏仁の上に黒蜜が掛かってるもの。

f0208112_1251350.jpg

お昼を食べ終わってからが・・・そりゃもう大変だった(汗) ちょうどいいバスが無く 最寄りの駅まで歩くことに・・・
f0208112_1255273.jpg

ブルーベリー畑を横目に 「そーいえばブルーベリーって目にいいのよねぇ~」 などと、老眼の進んだsatomiさん、最初の内はまだ余裕(笑)
f0208112_12581559.jpg

「satomiさんの足で恋ヶ窪の駅まで10分かなぁ・・・」と、kazuさん。 絶対ウソじゃん。 結局、恋ヶ窪まで30分以上かかったし。
玉川上水の辺をサクサク先ゆくkazuさん。 到底ついて行けません、へなちょこsatomiさんは。

f0208112_13443971.jpg

玉川上水と言えば・・・単純細胞の私が真っ先に浮かんだのが太宰治。 奥さん以外の女性と入水自殺したんだよねぇ・・・
f0208112_137476.jpg

f0208112_131067.jpg

この日の最高気温は確か、34℃くらいだったような。 ジリジリとした日差しの無い日にのんびりと散策したい歩道ですね。
f0208112_13134124.jpg

西武線の恋ヶ窪駅 (と、書いててふと思いました。 なんだか素敵な駅名ですよね^^)から、JRの国分寺駅まで、そこから更に中央線で立川の駅まで。
立川駅北口には、ちょっと目をひくオブジェが幾つかあります。 これはそのひとつ。 タイムリーですかね^^; 「風立ちぬ」を思い起させるオブジェでした。

f0208112_13483286.jpg

立川で冷房の効いたデパートに逃げ込み、買い物などを済ませた後に、行って見たかったお店で休憩。
f0208112_13222178.jpg

恐るべしパンケーキブーム(笑) 行ってる自分もブームに乗っかってる一人だけど^^; 平日なのに、満員御礼!テーブルの片づけも追いつきません。
f0208112_13261019.jpg

で、お目当てのパンケーキ  不味いことはありませんけどねぇ・・・(苦笑) 歳をとってきた証拠ですかね・・・もういいかなって感じです(笑)
f0208112_133097.jpg

渋々?付き合ってくれたkazuさん、サンキューです(笑)
f0208112_1330302.jpg

f0208112_13321245.jpg
炎天下で歩いたせいか、この日の夜は軽い熱中症に。

頭痛と、ちょっとした過呼吸状態になりました。
水分を充分に取っているだけではダメですね~

自分の体力の無さが一番の原因ではありますが(笑)
やっぱり、炎天下のお散歩はNGです!


9月に入って、ようやく秋を感じさせてくれる日も。

全国で熱中症で病院に行った方も多数だったけど
夫婦で何事も無く、無事に猛暑を乗り切れました!

いやーそれにしても2013年の夏は暑かった~

さ~ 待ちに待った温泉が^^ 9月は2ヶ所行ってきます♪


by satomi-kazu | 2013-09-07 13:45 | 日常 | Comments(6)
2013年 09月 06日

昨日もまた飲みましたね?

f0208112_149443.jpg

プロ野球の試合、BS放送やCSスカパーで見ているのですが
放送時のコマーシャルで繰り返し流されるのが、この「しじみ習慣」

決して、私自身が宣伝したいわけじゃありません。
むしろ、最近のテレビ見ててもっともイラつく(笑)数秒間でありまして。

いやーもう見飽きた感でお腹いっぱいいっぱい状態なのですが・・・



f0208112_14153394.jpg
「昨日もまた飲みましたね?」 から始まる街頭インタビュー(擬き・もどき)

男女合わせて数人の方のバージョンがありますが
とりわけこのイケメンサラリーマン風の男性のお猿さん芝居には・・・
最近はこの人が登場するとチャンネル変えちゃいます。

ちょっとネットで検索してみたんですが、この街頭インタビューに応えてる方々は
皆さん、この商品の関係者か、スタッフ各位、更にはどこかの劇団員なのだそうで
(定かじゃありませんが)
要は、実際に本当に通りすがりの一般人にインタビューしている訳では無く
まさしく 「仕込み済み」 の映像。

「ひと箱・・・ひと箱だけぇ・・え?二箱!?二箱10日分!!?無料ですか!」

この返し・・・道を歩いてて、いきなり声掛けられた一般の人が返せる問答ではありません。

今は、ネット販売なども多様化していて、本当に数えきれない媒体の中から個人が
自由に選択し、買い物出来る便利な世の中になりました・・・
私みたいな昭和世代は、逆に便利過ぎて怖いくらいです。
この「しじみ習慣」さんのサプリメントも、こうした(造られた)媒体で宣伝し
商品の売り上げを伸ばす・・・営業戦略の一部でしょう。

はぁー解っちゃいるけどね~ この映像が流れるとホント無性にイラつくのです(笑)


by satomi-kazu | 2013-09-06 14:38 | ひとりごと | Comments(0)
2013年 09月 01日

ランコントル@ 8th Wedding Anniversary

f0208112_111964.jpg

何月何日というのは、ハッキリと覚えていた。

2004年?5年だったか?? 忘れるかね(笑)

kazuさん
(今後ブログでは旦那!と書かずにkazuさんでいこうかと・・)曰く

「普通、男が忘れても女の人って覚えてるものじゃない?」

だよね・・・ゴメン^^;

いろんなもの引っ張り出して、ハッキリしましたよ。

2005年 盛夏でした。

結婚8周年 おめでとう! 私たち。



f0208112_11271111.jpg

8周年記念の外食は、国立のフレンチ 「ランコントル」

オーナーシェフ 「珍しい時期にご予約で・・・」と。

そう、このお店は年末のkazuさんや義母の誕生日などで
よく利用させて貰っているけど、真夏の時期は初めて。

昨年8月の伊豆旅行、真夏の温泉旅でコリゴリした私は

「8月の温泉は無し~ 地元で美味しい物食べよ!」と成った。



f0208112_11352432.jpg
見てる人には、どーでもいいような(笑) 夫婦の思い出話を
交えて、ランコントルのお料理も紹介していきたいと思います。

小さなお店です。完全予約制。

客席から丸見えのオープンキッチン

テーブルは5つでしたか・・・
この日は私たちともう一組のご夫婦のみ。

お客さん側から作り手が見える様子って、なかなか面白い。

ガチャガチャと騒々しく動かれたら、せっかくのディナーも
台無しだけど、ここのオーナーシェフはそんな心配は無用。

静かーに、静かーに、しかも手際よく料理が出来上がってきます。



f0208112_1146675.jpg

kazuさんが選んでくれた食前酒
私にはちょっぴり甘かった。


この日、東京ドームで阪神戦の真っ最中(しつこいっ!って^^;)
でしたので、多くの話題はやっぱり野球になっちゃった(笑)

まぁ夫婦で共通の趣味や話題で盛り上がれるのは
幸せなことだなぁと思っています。

「野球はどこのチームが好きですか?」
「阪神です!」
「僕も^^」

出会った頃の会話も懐かしい。



f0208112_1153338.jpg
小さな前菜盛り合わせ

夏らしい彩りで涼しげな一皿でした。
右上のマグロのタルタルが美味♪
生ハムがそのまま・・っていうのがちょっぴり残念な気も
しましたが、全体的にワインにぴったりなお皿でした。


独身時代、ビール日本酒、焼酎派だった私
国立に来てからワインも飲めるようになりました。

どこかオシャレで高級感漂うお酒じゃないですか?ワインって^^;
そういうイメージをずっと持っていた私ですが、いやいやそうでもない。

庶民にも手の届く安価で美味しくて・・・そんなワインもいっぱい。
kazuさんは私好みの安価でも美味しいワインを探す名人です。
ちょっとヨイショしときます(笑)



f0208112_12132825.jpg

冷たいオードブル

何々県産?の鮎と、説明されましたが、忘れました。
添えられているスイカのジュレのような物が夏を感じさせて
とても美味しく頂きました。

「よろしかったら頭もどうぞ・・・」と言われましたが
私たちは二人とも苦手^^;

温泉旅館でもよく塩焼きが出されて「頭も食べれますよ」って
お勧めされるけど、ダメですねぇ



f0208112_1224040.jpg

パンも熱々で美味しい。


ツヤツヤの白米も好きですが
美味しいパンはなんとなく幸せな気分になります。



f0208112_1451088.jpg

フォアグラのリゾット添え

奥飛騨の白雲荘でもフォアグラ料理が出ましたねぇ

安給料の独身女には手の届かなかったフレンチのコース

フォアグラなんて30代の後半まで食べたことありませんでした。


記念日にこうしてちょっぴりの贅沢感を味わう。

幸福感を感じるひとときです。



f0208112_1554575.jpg


ちなみにここからは同じ料理でも
それぞれ違ったお皿で提供されます。


真っ白いお皿もシンプルで好きですが
こういうのも素敵ですね。

見てるだけで優雅な気分になれます。



じゃがいもの冷製スープ  安心の美味しさ♪

f0208112_15101940.jpgf0208112_15113144.jpg


f0208112_15155126.jpg

肉料理

kazuさんは、鴨肉のロースト
玉葱ペーストのソースが美味

少し分けて貰いました。
柔らかくてホント美味しい^^
 


f0208112_15205974.jpg

私は黒毛和牛のサーロイン

甘みのあるエシャロットのソース美味しい~

夏野菜もたっぷり♪

肉料理はどちらもたっぷりで
ワインを飲みながらお腹も満腹です。



口直しのグラニテ  グラニテ?と自分で書いといてなんだか解んないので調べました(笑) フランス料理のコースにおいて供される
シャーベット状の氷菓で本来、コースの中で肉料理とローストの間の口直しを目的として供されるものを指す! だそうです。お皿がキレイ♪


f0208112_15275676.jpgf0208112_15281172.jpg


f0208112_15345696.jpg

デザート


8回目の結婚記念日も無事に国立で
迎えることが出来た。

数えきれない程の偶然と必然のお蔭で
今、私は国立の地で暮らしている。

あの夏のひとつの偶然がなければ
今でも私はひとりで生きていたに違いない。



f0208112_15462567.jpg

私たちの姓を継いでくれる子供はいない。

どちらかが先に天国に逝ったらその後はひとり。

10年20年先を思うと、ふと怖くなってしまう事も・・・

現実って案外シビア。

今が良ければいいと思えるほど若くも無い。

充実して満ち足りた時間を過ごせば過ごすほど
未来が怖い。



f0208112_16431282.jpg

        なんだか最後は少しどんよりしちゃったな(笑) とにかく8周年おめでとう♪ kazuさんそしてsatomiさん。 これから先もどうぞよろしく。

by satomi-kazu | 2013-09-01 16:48 | 日常