人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2019年 02月 24日

2019年 春の足音


f0208112_23430236.jpg

今日の一枚 「天下一品」こってりラーメン
ネギトッピング・・・って、こんな山盛りとは!!

温泉にも行けてないと
なぁーんにも話題無いのね・・アタシ(苦笑)

ブログに書けるような変わった?ことも無く
日々・・淡々とです^^;

まぁそれでも、毎日のニュースを見聞きしていると
本当に沢山の出来事があって、毎回なんだか解んないけど
テレビに向かって感心したり、呆れかえったり、残念がったり
怒ったり(笑) 
2つ3つ、気になった話題で感じたことを少し・・・
最近食べたラーメン屋さん3連発の写真と共に。
2019年の1月、2月ってこんなニュースあったのね・・的な。



f0208112_23551723.jpg

術後の、歩け歩けリハビリ中のkazuさんは、普通のこってり
何気に?量は少な目なラーメン屋さんなんですねぇ
大食いの人には、絶対に物足りない麺の量だと思いましたけど・・

そうそう、ニュースですが
こういうラーメン屋さんに行ってるくせになんですけど
なんだか、ジャンクフード店や、若いチャラチャラした子が
アルバイトしている外食店には、行きたくない!と思っちゃう。

「不適切動画」のニュース
床に擦り付けた唐揚げを、油の中に・・とか
切り身の魚をゴミ箱に捨ててから、再びまな板の上に・・とか
しらたきを、口に入れて出して・・とか
信じられないような事が現実に起こって、面白がって
動画にアップしてるバカ者は当然論外だけど
企業側にも・・・少なからず責任があるような気もしています。

「動画配信された商品は、お客様に提供されていないことを確認し
厨房機材などは消毒済みでございます」なんてお詫びされても
信じられますか? 投稿されたその日のウチに判明して対処した!って
どう証明できるんでしょうか??

店内の防犯カメラだけじゃなくて、従業員やスタッフ、アルバイト
特に、お客さんの口に入る物を提供している飲食業界は、厨房に
何台もカメラ設置して欲しい。ホントにそうして欲しい。

このニュースって、動画でアップされたからわかったようなものの
実際は・・・こういうこと日常茶飯事にやってるんじゃないの?
って、疑いたくなってしまうレベル



f0208112_00162241.jpg

ご当地ラーメンというのでしょうかね?
「八王子ラーメン」 みじん切りした玉ねぎが
トッピングされているのが特徴です。
玉ねぎは、血液サラサラ効果があるそうですよ。
あっさりした醤油味で、なかなか好みでした。

追加100円で、更に玉ねぎを頼みました^^;
f0208112_00164132.jpg














ラーメン食べてると野菜を食べなくっちゃ!って
少し罪悪感的な気になっちゃうのですが
玉ねぎこれだけ盛ってると、まっいいっか!ってなります^^;
f0208112_00165328.jpg


f0208112_11463577.jpg

喜多方ラーメン「坂内」
あっさり薄味スープと、縮れ麺が特徴
ワタシは、ワンタンメンにしてみました。
美味しいんだけど・・個人的には、なんとなく物足りなさを
感じたラーメンだったかな。
サイドメニューのミニ叉焼丼や、焼き餃子が何気に美味。

f0208112_11470413.jpg

f0208112_11471651.jpg

気になったニュース、その2は「児童虐待」ですかね。
言い方あれですけど、日常茶飯事のようにニュースで見聞きするので
「また?」っていうのが正直なところ・・・
親になった事がないので、心情はなんとも言えないけれど
自分の分身(子供)に痛いこと、苦しいこと・・出来るものですかね?
こういう親(人間)には、子供が受けた同じ苦痛を与えたらいいのに。



f0208112_12083529.jpg

彼女が患った病気のニュースを聞いたのは、苗場・・
本当にびっくりしたのと同時に、再検査や告知などを
既に受けた後の自らの公表と知り、どんなに辛かっただろうと
胸が張り裂けそうでした。

ほんの数か月前・・同じ道を辿ってきた私達には
他人事には思えない悲痛なニュースでした。

公表するまでの、本人の気持ち、周りの家族や親族の気持ち
公表後の多くの知人、友人達の気持ち・・・
言葉で表現するのは、難しいです。

それでも、今の医学は本当に進歩しているし
「治る」時代になったのです。

「神様は乗り越えられる試練しか与えない」と
彼女は言ったそうです。
本当にその通りだと思って、我が家も頑張ってます。

日本国民の多くが知る有名な選手が、公表したことで
「骨髄バンク」への問い合わせが相当数増えたとか。
些か不謹慎ですが、一般の人ではこうはいかなかったと思います。
関心と理解が増えてくれた事に複雑な思いながら、感謝の気持ちも。




春の足音も聞こえてきました! 
河津桜はもう既に満開とか^^ 伊豆の桜みたいなぁ 
たくさんの想いが交錯するけど
こんなにも春が待ち遠しいと思えるのも久しいです。





by satomi-kazu | 2019-02-24 12:52 | 日常 | Trackback | Comments(36)
2019年 02月 15日

苗場Vol.39@だってユーミンだもん♪


不完全燃焼で帰ってきました、今年の苗場^^;
39回目の苗場Live 今年は初参加の職場先輩と2人で、雪の新潟へ
すごく楽しみにしてくれてた先輩が満喫出来ればいいなぁと
思っていたけれど、よりによって過去イチ最悪の座席でした。
まあ・・・こういう事も長年通っていればありますねぇ
f0208112_21034438.jpg

f0208112_21430249.jpg

会場、座席の良し悪しで、ここまでテンション下がるんだ・・・
と、今回は痛感しました。仕方ないんですけどね・・
でもね、やっぱり遥々新潟までやってきて、あの席は無いわ。
これ率直な感想(赤い星印周辺)ついてないのは、重なるもので
私たちの前列に2組のご夫婦・・嘘でしょ?って位、4人とも大きい(苦笑)
因みに、先輩は150cm ワタシは156cm 
スローな曲が続く前半は、みんな静かに着席して鑑賞
それでも、2組4人の後頭部&大きな背中が目の前にドーーーン(笑)
後半、スタンディングになった時なんて、まるで壁です。

「雰囲気だけでも楽しめたよ」そう言ってくれた先輩に
なんだか本当に申し訳なくなっちゃって・・・
2組の夫婦に罪はない(笑)無いんだけどさぁ・・
いやぁでもあれは無いわ~ 無いよ~
天井を見上げ、煌びやかなライティングを見ながら
耳でユーミンを感じた、そんな今年の苗場でした。

f0208112_21040736.jpg
   f0208112_21101625.jpg                            
                                                                                    2019年苗場 振り返り

JR乗車券付きツアーで苗場入り
kazuさんが諸事情で行けなくなって
同じ職場のユーミン好き先輩が
お付き合いしてくれた。

重ね重ね・・・
楽しみにしてくれてたんだよね、ホント
もう少しマシな席で体感して欲しかったなぁ

それでも
「ユーミン・・素敵で益々好きになったよ~」って
言ってくれたので、ワタシもほんの少し救われた気分



先輩がスマホで撮った写真を加工してくれたので、それも載っけます。 東京駅で調達したお弁当!美味しかった^^


f0208112_21021356.jpg
f0208112_21045105.jpg
































f0208112_22350701.jpg

毎年、チェックインカウンターのある場所に
飾られてあったお花が、今年は、Live会場前に
移動になっていました。大勢の同世代たち~(苦笑)
なんとなくですが・・今年は、若い人たちは
あんまり見かけなかったような?気がしました。
どうでした?クマリンさん^^;

f0208112_22360355.jpg



















f0208112_21024638.jpgプリンスの中のレストランは、正直・・・
値段の割に・・・なので
先輩もあんまりお腹空いてないからと
軽く、ピザーラでテイクアウトして
部屋で食べました。

ワンピースで注文出来るのは知りませんでした^^;
大きなピザを一枚頼んでも、飽きちゃって食べきれないので
これはナイス♪でした。

今は別の支店勤務の先輩と、職場の話題やら
当然ユーミン談議に花が咲きました。

夜8時30分の開場 9時公演まで
「なんだかドキドキしてきたわ、もうすぐユーミンに
会えるんだねぇ」 って先輩の高揚感も伝わってきます。





今年の苗場Liveテーマは「夢」
最初のMC「さあ!今回は大人な雰囲気でお送りしますよ」
そんなユーミンの言葉で静かにLiveは始まった。

衣装はこの3パターン
双眼鏡を持参した先輩が「すごくキレイ・・ユーミン」
ワタシも覗かせてもらった・・本当に美しかった。
リクエストコーナーの女性に
「65歳?信じられないです~綺麗です~」
「だって、ユーミンだもん♪」
そんな返しをする65歳・・・大好きだぁ
f0208112_21030371.jpg
前半の選曲は、スローテンポでじっくり聴かせる雰囲気  
ユーミンがMCの時に、最近気に入って良く聴いているアルバム「FACES」の話をした。
今回Liveでも数曲歌ってくれている、中でも「いちご白書をもう一度」「星のクライマー」は、思わず目頭が熱くなった。

♪就職が決まって、髪を切ってきたとき・・もう若くないさと君に言い訳したね♪ 
60年代から70年代の学生運動が盛んだった頃のイメージが思い浮かぶ歌詞
せつないメロディーと共に、若干21歳でこんな曲を創れちゃうユーミンの才能にただただ凄いなぁ・・と。

全24曲の中で、今回個人的ナンバーワンは「人魚姫の夢」かな・・・
♪いつかあなたはやってくる・・深い涙の底へ、私を目覚めさせるために 
やがて薔薇色の朝になりあなたはささやくのよ 哀しい夢だったと♪ 
ホントに勝手な解釈ですが、今回の苗場テーマに一番合った曲だったかな・・と思いました。

そして、苗場名物リクエストコーナー 
毎回、お客さんとのやり取りで、大いに笑わせてくれたり、逆にしんみりさせてもらえたり、まぁどちらかと言えば
ユーミンが上手にお客さんをいじって笑いのコーナーみたいな雰囲気になっている時間。
毎年、控えめに(笑)挙手しているけど、未だにユーミンのお目に留まる事は無い(笑)

2人目の男性がリクエストした曲は「ルージュの伝言」すかさず会場からブーイング(笑)松も松!大松な曲ですからね^^; 
他の曲は?とユーミンに促され、「雪月花」と。 思わずワタシはガッツポーズ! 大好きな曲だから。 
何気に松に近い曲だけど、ユーミン承諾!その時に、「意外と幅広く曲知っているのね?」と、お得意の毒舌^^ 
ルージュの伝言という、世間に知れ渡っている曲の次にリクエストしたのが雪月花だったから、そんな風に男性をいじったのかなと

3人目の女性が姉妹3人で来ていると言ったら、最後にはステージに全員が上がってきた。
これも個人的な感想だけどユーミンなんだか丸く?なったよねぇ・・何年か前にはこういう光景はあまり無かったと思う。 
あっ!そうそう書いてて思い出したんだけど、3年くらい前のリクエストコーナーで
男性が指名されて、すかさず隣に座ってた奥さんの手を引いてふたりでステージに上がろうとしたら「ダメダメ!却下却下!!」
ってユーミンに言われて悔しそうに着席してたっけ^^; 楽しくてちょっぴり毒舌なユーミンが大好き♪ 

そして3人目の女性が記念写真を撮ってもらい、ステージから降りた瞬間、、別のお客さんが叫んだ「写真だけでも撮って欲しいんだけどー」 
ユーミン一瞬「え??何?」 女性の声がまた叫ぶ「写真だけ~」 
ユーミン「あ~なんだかよく解んないけれど、個人的な相談にはお応えしかねます」と。 
瞬間、会場内にスッーと微妙な空気が流れた・・ような気がした。 
ユーミンに対するものじゃなく、間違いなく「写真だけ~」と叫んだ女性に向けられた空気だった。 
そういう行動をする人がいると、あの楽しいコーナーもやってくれなくなる・・ワタシはそう思います。 

アンコールの「雪だより」も歌い終えて、ステージを離れるときに、「今夜は泣いてばっかりでごめんなさいね」と言ったユーミン 
ホントに何度となく涙ぐんでいたのが印象的だった。 

「苗場はホントに特別な場所です。
私の最後のステージは苗場で終えたいと思う、またこの場所で会いましょうね。」

イマイチを通り越して、最悪な座席だったけれど、やっぱり最後は結局来れて良かったと思えるのです。
そういう場所なんです、苗場って・・・
一緒に行ってくれた職場の先輩、ありがとう。 
そして同日参加のクマリンさん、お会いできずに残念でした。
また次の機会を楽しみに待ちます^^

感想が長くなりました、2019年苗場おしまい。

f0208112_00210708.jpg



by satomi-kazu | 2019-02-15 00:21 | 冬の恒例 苗場@ユーミン | Trackback | Comments(32)
2019年 02月 11日

2年振り苗場



「ユーミンからは引退できない、活動休止は死ぬとき」
インタビューでそんな風に応えてくれたみたい。

39回目の苗場公演
昨年は失意の(苦笑)落選
今年はkazuさんお留守番^^;
「せっかくチケット取れたんだから、行ってきなよ」
心優しい言葉に(笑)甘えて
f0208112_12074147.jpg
今年は「大人」な雰囲気のステージのよう
大好きなアルバム「FACES」からも数曲
f0208112_12082143.jpg
苗場・・寒そう(苦笑)
行ってきます!




by satomi-kazu | 2019-02-11 12:25 | 冬の恒例 苗場@ユーミン | Trackback
2019年 02月 05日

退院


f0208112_21360966.jpg


今日の一枚
  
kazuさんより

「satomiさんのブログをご覧になっているみなさま
この度は、自分の入院に際し沢山の励ましのお言葉を
頂戴し、尚且つご心配をおかけしましたこと、この場を
お借りして感謝申し上げます。
お陰様で、手術も無事に終了し、退院に至りました。
これから先は、病理検査の結果等を踏まえて、また別の科での
治療が始まるかもしれませんが、satomiさんと二人三脚で
挑んでいこうと思っております。
本当にありがとうございました。まずはお礼まで。」




コメントくださった皆様ありがとうございました。kazuさんに代わって返信を書かなくっちゃ!って思いながら
上の記事の下に、まさかの(笑)一括返信でごめんなさい^^;

鍵コメKさん(来週、同日参加です^^;kazuさんお留守番でワタシだけ。2019年も忘れられない苗場になりそうです。)

ルーシーさん(還暦のくせに黒々ふさふさ継続中です。凛々しくてなんて書かれて本人、本気で照れてました、内心ビビッてたから^^;)

モンスーンさん(いつも朝早くから覗いてくださり、ありがとうございます。)

ひよこさん(ひと山超えてホントにほっとしてます、気が抜けてワタシが病まないよう気をつけてます^^;)

鍵コメMさん(思わずうるッときてしまいました、公開したいくらい素敵なコメントでした。5月!国立から念を送ります!ファイト!!)

rinorinoさん(いつもその場所にいることが当たり前だった居間のソファ 戻ってきてくれてホントに嬉しいです。)

さとさん(いつもブログ拝見しています、足跡も残せず失礼ばかりでごめんなさい)

えみさん(前姿は、MAXぼかしです(笑)いつもいつも本当にありがとう。2馬力で頑張るね)

はじめまして!さん(みなさんに暖かいコメント貰っておいて、本人が出てこないのは駄目でしょ!ってことである意味強制です^^;)

みみんさん(心配かけてしまってごめんね。いつも自分のことのように思ってくれるんだよね・・ありがとう)

はまさん(ご無沙汰してます、ご主人の検査結果はどうだったのでしょう?ブログ拝見してます)

Aiさん(ガンバロー!ガンバロー!ですね^^ 置いてきぼりにされてなるものか!(笑)ですよね!ワタシもAiさんも!)

ぱたぱたさん(ありがとうございます。さらの木には行かれてますか?。 私たち病後の最初の宿はあそこしか考えていません^^)

鍵コメJuneさん(はじめまして!そして本当に嬉しい嬉しいコメントありがとうございました。”いつも楽しく、時々一緒に腹を立てたり、笑ったり
         共感したり”  ワタシにとって最大の嬉しいコメントでした)

ジャンさん(頭皮&頭髪の件に関しましては、なんとお返ししたら良いものか(苦笑)話変わって、ジャンさんもお体ご自愛くださいね)

雨曇子さん(ブログのタイトルは大好きなアーティストの楽曲ですが、本当にタイトル通りにずっとそばにへばりついてやろうと思っています^^;)


皆さま!
一年で一番寒い季節に、心がじわっと暖かくなって「ほんと!頑張んなきゃ!」
と気持ちを奮い立たせてくれるコメントを書いてくださり、心からありがとうございました。
半ば強制的に写真に収まり(笑)ブログに登場したkazuさんですが
心の中では、本当に皆さまに感謝していると思います。

頑張りまーす!!




by satomi-kazu | 2019-02-05 21:56 | kazuさん入院 | Trackback | Comments(17)
2019年 02月 01日

病室の会話

                                
f0208112_22282696.jpg

今日の一枚

手術室にスタスタと自分の足で
歩いていくkazuさんを見送りながら

自分の時はどうだったかな?と
ふと思った。

そうだ!
確か、病室で既にストレッチャーに
寝かされ、看護師さんに「ちょっと痛いですよ~」
って言われながら腕に筋肉注射をされた。
麻酔の前の麻酔・・みたいな(苦笑)
で、手術室までそのまま運ばれたんだった。

待ってるよ~ 頑張れ!!



f0208112_22283768.jpg

で、帰ってきました^^

外科的な手術後は、とにかくすぐに
歩かされますね。ワタシもそうだった^^
kazuさんも手術の翌日から
看護師さんに促されて容赦なく(苦笑)

今日は、病室でのちょっとした出来事

4人部屋でした、kazuさんベットの隣の男性は
カーテンの隙間からチラッと見かけたけど
70代後半の男性 付き添いでやってくる奥さんも
70代後半らしいけど、看護師さんに奥さんの年齢を
自慢気に?言ってましたねぇ
「あらーお若いですね! 全然見えないですね」
   多分・・・待ってました~の返しなんだろな(笑)
kazuさんが看護師にワタシの年齢なんぞ喋ったら
パーンチ👊ですけどね。

きっと普段からお若く見られる奥様なんでしょう。

でも!この奥さん、とにかく話し声が大きい。
最初は、まぁこんなもんかなぁと我慢しつつでしたが
数日たつと、甲高い声が耳障りになってきました。
ワタシは、一日に数時間病室にいるだけですけど
毎日隣で寝ていたkazuさんはキツカッタでしょう。



ある日、お見舞いの中高年男性が来ました。患者さんと、奥さんと、お見舞いの男性
3人の会話は、一言も聞き逃すことなく(苦笑)全部、聞こえてきました。

いろんな病気も経験してきたようであっちも切った、こっちも切った、あの病院は駄目だ
あそこはいいな・・等々 しゃべり続けてましたねぇ

そんな会話の中で
患者のおじいちゃんが、こう言いました。
「いやね、この病院では、一番偉い先生に切って貰ったんだよ、あちこちね」
お見舞い男性
「そうですか、それはもう安心でしたね」
隣で聞いてたワタシ、kazuさんに小声で話し掛ける。
「一番偉い先生って、どういう基準でそんな風に言うのかね?」
kazuさん
「外科部長とか?病院長が外科医とか?」
次の日だったかな、病室に先生の回診があって、kazuさんの主治医〇〇先生が来ました。
kazuさんへの回診の後に隣のおじいちゃんのベットにも・・・「〇〇さん、どうですか?」と。

ワタシの頭ん中・・・kazuさんの主治医も、この病院で一番偉い人だったんだ~!(苦笑)

手術が無事に終わって、私の気持ちもだいぶ落ち着いてきました。
隣の患者さんの会話に反応して、笑い話に出来るくらいになったので。
まずは第一歩・・前に進むことが出来ました。
予想以上に大きな傷口で、経口の痛み止めを飲んでも痛みで眠れない夜
しんどそうな姿を見ていると、私までなんだか痛くなってきそう(苦笑)

普通に、当たり前のように温泉に出掛けていた去年までの日々
こういう現実が待ち受けているなんて思いもしなかった日々だけど
受け入れて、前に進むだけ。 立ち止まったら負けだもん。




by satomi-kazu | 2019-02-01 00:00 | kazuさん入院 | Trackback