人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2019年 09月 09日

谷川温泉 檜の宿 水上山荘 宿泊記③


f0208112_14360792.jpg
f0208112_14355998.jpg


水上山荘さん
最後は食事のようすを。

食事処は、レストランと個室に
分かれていました。
(どちらの写真も宿HPより引用)

多分、不確かですけど
露天風呂付き客室のお客さんは個室で
一般客室のお客さんが
レストランなのではないかと・・・


今回、ウチは個室でした。
レストランも素敵な雰囲気ですねぇ
























f0208112_14511035.jpg


前の記事でも書きましたが、我が家の食事の
担当をしてくれたのは外国人のオウさん。
名刺に「オウ」と書かれてあっただけなので
どこの国の方かは解りませんでしたけど
多分、タイ?とか東南アジア系の女の子かと。

日本語も、聞き取り難い感じはなくて
丁寧な応対と、心のこもったおもてなしで
気分よく食事が出来ました。

デザートの頃には、少し打ち解けた感じの会話も出来て
宿の何階かに寮部屋があるらしく、朝早くて起きるのが
ツライこともあるけれど、通勤時間0なのでと(笑)
笑ってそんな話もしました。



f0208112_15002107.jpg


ひとりに一枚お品書きがありました。

まずは前菜

「凉をいただく」とあるように
涼し気な、夏の終わりを告げるような一皿

小さな可愛い団扇がなんとも愛らしく
目でも楽しませてくれました。

当たり前のことかもしれませんが
最初から最後まで、冷たい料理にはキンキンに冷えたお皿
そして温かい料理には、暖かいお皿で配されました。

こういう心配りにも感動するものですね。



料理の説明は相変わらず不得手なので、簡単に(苦笑) 左はコンソメのスープ、写真バカ下手ですけど美味でした^^; 右はお造り3種盛り
梅肉と海苔をすり鉢で混ぜてお召し上がりくださいと・・手が込んでます^^; 普通にお醤油だけでも充分ですよぉ~と庶民は思いましたです、ハイ。

f0208112_15081457.jpg
f0208112_15082830.jpg

















器が素敵だった、温かい椀物  南瓜が帽子を被ったように細工されていて思わず微笑ましくなりました。味付けも薄味で良かったです。

f0208112_15165397.jpg   f0208112_15170586.jpg
















鮎の塩焼きのお皿も暖かく^^ 一緒に乗っていたコーンも甘くて美味しい。 上州牛には蒸した白鰻も。

f0208112_15281501.jpgf0208112_15282536.jpg

















上州牛と白鰻は柳川風で食べます、出汁の味付けも量も丁度良く^^  酢の物はサーモンとキクラゲ、胡瓜 甘酢のジュレが美味しかった! 
このお皿もキンキンです^^

f0208112_15264960.jpgf0208112_15270598.jpg

















食事は釜で炊かれた炊き込みご飯です。海苔とイクラが出てきました^^ 「ご一緒にお召し上がりください」とオウさん♪

f0208112_15344974.jpgf0208112_15350723.jpg

















こういうの良いねぇといいながら、自分で手巻きして食べました、楽しくて美味しい♪ で、ワタシは例のほうじ茶ですよ(笑)美味しすぎる~

f0208112_15353392.jpgf0208112_15354813.jpg


















f0208112_15490247.jpg


最後のデザートですがメニューには
小豆クリームを求肥にのせてと書いてあり
求肥かぁ~・・イマイチ好きじゃ無いなぁって
思っていたんですけど

出てきたお皿を見て、なんと伸ばした平らな求肥^^;
なんだか凄い創意工夫だなぁと思いました。

味も、左上のキャラメルソースをかけて食べると
しっつこくない甘さが絶妙で、すごく美味しい!
こういうのよく思いつくなぁと感心しちゃいました。

全体的に、程よい量の夕食の膳で大満足でした。 
今の私たちには丁度よく、残さず完食できる内容で
とっても美味しかったです。



満腹で部屋に戻ると、お布団が敷かれていました。
昨晩、他のお客さんが使ったシーツ&布団カバーを
使いまわしされたものじゃない!というのが一目瞭然の
清潔な寝具でした!

敷布団のシーツは変えても、掛布団のカバーって
何気に使いまわしされてたりすることって有りません?
パリッパリの真っ白いシーツと枕カバーに
「これこれ~こうじゃなくっちゃ~~」と頬ずりするワタシ(笑)
だってねぇ、宿の寝具にはちょっとトラウマあるのですよ^^;
前の晩に使ったシーツそのままでしょ!って、絶対にそうでしょ!って
そういうお宿もあったなあと・・・興醒めですよね^^;
f0208112_16003802.jpg
枕元には、こんな心配り
f0208112_16005035.jpg

f0208112_16173162.jpg


長くなってますけど、一気に最後まで^^;

夜は気付かなかったけど、個室の食事処からも
庭の緑が見えて、爽快な気分で朝ごはんです。

チェックインの時に、和食と洋食が選べましたが
「和食」で正解かも^^

品数が豊富で、すごく良かった。

テーブルの下は、掘りごたつ形式で
足を下ろせて楽ちんでした^^







温泉卵に、とろろ、冷たい茶わん蒸し
蒸籠で蒸した鮭や野菜・・などなど、たくさん♪
大好きな物ばっかりでニコニコの朝ごはんでした。
f0208112_16250346.jpg
翌朝、部屋の大きな窓からの景色、お天気に恵まれ、最高の休日♪
f0208112_16302662.jpg

f0208112_16331394.jpg


朝食後、あの絶景のラウンジで谷川岳を
眺めながら、珈琲を頂きました。

ただ、山を眺めているだけなのに
気持ちがこんなにもゆったりとして
何の悩みも無かったような気持に
なれるのって・・・
不思議な感覚ですねぇ


明日になれば、いやいや数時間後に
家に戻れば(苦笑)否応なしに現実に
引き戻されるのにね^^;


心の洗濯・・という言葉があるけど、まさしく。


こういう時間を持たないと駄目だなぁと
つくづく感じました。









f0208112_16434201.jpg

帰り道
道の駅「水紀行館」で野菜を買いました。

「枝豆~200円だって!!安っ!!!」
「白いトウモロコシ」激ウマでした!^^
「なにこのジャガイモ??100円って!」

いやぁ数時間どころか、チェックアウトしてから
15分後には、現実に・・・(笑)

ワタシの宿泊記、自分自身もどんな風に感じたのか覚えておきたくて
そのシーン毎に思ったこと、本音を書いています。
なので、もしもお宿批判?と取れるようなちょっと辛口な文言が
あっても大目に見てくださいませ^^;

あくまでも・・・本当に個人の感想です! よろしくお願いしま~す^^


f0208112_16565845.jpg
水上山荘 宿泊記 おしまい^^




by satomi-kazu | 2019-09-09 18:03 | 谷川温泉 檜の宿 水上山荘 | Trackback | Comments(26)
2019年 09月 04日

谷川温泉 檜の宿 水上山荘 宿泊記②


水上山荘さん、大きな窓が開放感抜群の和室
とっても寛げるステキなお部屋でした。
f0208112_22051143.jpg

部屋入り口、踏み込み広々 すぐ左に冷蔵庫、ポット類
動線も良くて、洗面所へ続く廊下もゆとりのある広さで快適です。

f0208112_22194691.jpg

f0208112_22232985.jpg


洗面台も鏡も大きくて使いやすかった。

アメニティ類も充分に揃っていたので
(女性用化粧品や、男性用も充実してました)
何も持参しなくても大丈夫!

ドライヤーだけは・・・
ホテルによくある取り付けタイプ(苦笑)
大浴場には強風のものが設置されてたので
そちらを使えば問題ないかと。

ワタシにしては珍しく、細々と記載してるなぁ(笑)

そして・・洗面の左手には、半露天の岩風呂です^^



こちらも激しく逆光写真(笑)見づらくてすみません。
開き窓の向こうは庭ですが、湯舟に深く浸かると
谷川岳がちょこっと見えます。
因みに、この部屋は低層階なので谷川岳がちょこっとですが(苦笑)
他の部屋はもっとハッキリ、クッキリ素敵な谷川岳を
眺めながら入浴出来るそうです。
f0208112_22300298.jpg
うっとりするほど、キレイなお湯です・・・
100%源泉かけ流し お宿には3本の源泉があって、それをブレンドしたお湯が
コンコンと湯口から流れ続けています・・・はぁ~勿体ない(苦笑)
因みに・・温度は低めでした。冬場には源泉温度の高いお湯を多めにするそうですが
熱湯好きのワタシには、今回の温度はちょっと物足りなくて、湯量を増やしてもらいました。
f0208112_22371622.jpg
湯舟の中に腰掛けれるように、石造りの椅子が2つ
館主の拘りのようで、大浴場の露天風呂にも同じような石の椅子が何脚もありました^^
f0208112_22374522.jpg

f0208112_23201393.jpg

こんな感じで寛ぎながら入浴出来ます。

温めのお湯なので、いつまでも延々と
浸かっていられそうな勢いです(苦笑)湯あたり注意!!

お風呂の大きさは、それはそれは充分な広さ!
このお宿、岩風呂付き以外の部屋もありますが
少し料金は上がるけど、断然風呂付き!と思います。
大浴場には1回しか入りに行かなかったkazuさんも
「部屋風呂・・何回入ったかなぁ~」
っていうほど、入り浸ってました^^


 
部屋風呂の壁に掲示されていました。
巡環の文字?(苦笑)正しくは、循環ですね^^
f0208112_23101624.jpg

f0208112_21311324.jpg


因みに、宿のHPから拝借してきた
他の部屋の半露天の岩風呂です。

上層階の部屋なので、窓を全開にすると
見晴らしがよくて眺めが良さそうですね。













f0208112_21423650.jpg



男女別の大浴場は、3階にあります。

時間で交代はありませんが
夜通し入浴出来ます。

写真は、女性大浴場の脱衣所
休み処

衝立のある洗い場など

シャワーから出るお湯も
100%源泉です^^









男女別の入れ替えが無かったので、男湯の写真は撮っていません。
こちらも宿HPから拝借しました。
内湯は檜造り、広々してますね。
10人くらい入れそうだったと、kazuさん談です。
f0208112_21361587.jpg
男湯の大露天風呂(こちらも宿HPより)
最高の眺望だったようですが、お湯が温かった~と、kazuさん談
f0208112_21362821.jpg

f0208112_21365815.jpg


女湯の内湯は、浴槽が2つ

手前が檜造り
奥が岩風呂です。

どちらも5、6人サイズかな。

チェックイン後に入りに行きましたけど
部屋風呂がとっても快適だったので
大浴場は一度きり。
誰にも会いませんでした^^;







女湯の露天風呂です^^ こちらも眺望抜群!!
露天の湯舟は、この他にもう一か所ありました。
なので、女湯の湯舟は内湯②と露天②の計4つです。
石の椅子~がここにも^^ この椅子に腰かけて入浴すると
谷川岳がよく見えました!
f0208112_21380957.jpg
誰もいない露天風呂を独り占め・・
最高~サイコー!!
こういうのをまさしく極楽と言うのでしょうね~
f0208112_21372654.jpg
お風呂のご紹介お終い♪
次回は、食事で!



by satomi-kazu | 2019-09-04 22:26 | 谷川温泉 檜の宿 水上山荘 | Trackback | Comments(17)