人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ひとりごと ( 189 ) タグの人気記事


2019年 03月 23日

ブログ10周年


f0208112_13175568.jpg


2009年の4月15日に、ブログを書き始めました。
今年、2019年の春、ブログ開設から丸10年。

写真は、2009年3月24日の桜
開花直後の国立の桜です。

この10年で3回、パソコンの買い替えをし
データの移動など面倒なこともあったけど
私が撮り溜めてきた写真は、全部保存出来ていて
こうして10年前の写真を色褪せることなく見れるのは
凄いことだなと・・・文明の利器に驚愕しますね。

一言で10年・・とはいえ、自分の中では
「ちょっとこれ、なかなか凄いじゃん!」って
ひとりヨイショしてます(笑)




10年前の国立駅前 4月7日には満開でした。
今年は、どうでしょうね、入学式とか・・間に合うのかな。
咲き残っていると良いですね。

f0208112_13182709.jpg

f0208112_13461429.jpg


今年3月初旬、青空に映える
伊豆高原の「オオカンザクラ」

私のブログ更新と併並するように
約10年間通っている伊豆の宿

これから先
暫くは温泉とも距離を置く生活が
待っているので、伊豆の春を2人で
満喫してきました。


さて、ブログですが
出掛けてきた温泉宿のようすや
どんな物を食べたとか、そういうことを
後になってすぐに思い返せるようにと
写真をせっせと撮って、パソコンに取り込み
文章を書いて・・・と。
まぁよくも10年間も続いたものだと思っています。

だって、ワタシってホントに大雑把で、飽きっぽく
部屋の整理整頓は苦手だし・・・
こんな風に、きちんと?写真を整理して
ほぼ定期的に更新し、文章も付け加えて・・なんて
最初の頃は、きっと3日坊主で終わるだろうなと思ってました。

なので、やっぱり自分ヨイショで(笑)
凄いね!よく続いたね!!





宿をチェックアウト後 海岸沿いを散策 
東伊豆の海の写真を載せながら、この10年を少し振り返ろうと思います。
f0208112_14072243.jpg

f0208112_14082935.jpg


もしかしたら、この10年間は、ワタシが今まで生きてきた中で
一番穏やかに過ぎていった年月だったかもしれません。

再発乳がんの治療を前年までに終了し
病後の療養の為にと、出不精のワタシをkazuさんが
温泉に連れ出してくれたのがちょうど10年前。

もちろん、定期的な乳腺外来の受診も続いていたし
再びの再発や、転移などの不安が付きまとっていた年月でも
あったけれど、総じて本当に充実した日々だったと思う。

だからブログも長々と続けてこれたのかな。

この10年間で、実家の母の入院が2回
国立の義母も入院治療をしましたけど
今現在、双方とも普通に老後生活を送れている。

心に残っている、一番の寂しさは
ブログがきっかけで、お知り合いになれた男性
同じくユーミンファンで、同時期に病と闘われていた。
お互いのブログでユーミン談議に花が咲き
病気療養に関しては、知り得る情報をやり取りしてきた。

そんな友人が亡くなられた現実は、当時本当にショックを受けた。
顔も、お名前も、詳しいことは殆ど知らないネットの向こう側の方でも
まるで自分の身内が亡くなったように、悲しくてショックで
暫くは泣いてばかりいました。





f0208112_14074080.jpg

「温泉」

私とkazuさんの10年を振り返ってみて
絶対に欠かせないワード

もっともっと沢山の温泉に行かれてる方は
それこそ数えきれない程いると思うけど
私たちの中では、10年間で170泊以上の
温泉旅が出来た事は、凄いこと!
いっぱい行けたねぇ~ 健康であればこそ!

連れ出してくれたkazuさんに感謝
2人とも、元気でいられたことに感謝


そして、何と言っても
「ブログ ずっとそばに」
思い返せば、幼いころから日記のようなものを
書くのが好きだった子供だったかな・・
それでも、どこか飽きっぽい性格だったので
長続きはしなかった。

嬉しかったこと、ムカついたこと(笑)可笑しかったこと
哀しかったこと、苦しかったこと・・・その時の感情を
素直に書き続けてこれたこと。
自分の中では、なにひとつ後悔していません。
(次元が違い過ぎて付け加えるのもなんですが(笑)
先日引退会見したイチロー選手も、何ひとつ後悔するはずもありません
って発言してましたね)




f0208112_15064015.jpg
来月には、ブログ生活11年目に突入。
奇しくも大きな試練に立ち向かう11年目・・・
ネガティブな考えを持たずに
とにかく前に進む!

ブログ20周年も、今日のように振り返れるように。
書き続けていられるように。

頑張るよ~






by satomi-kazu | 2019-03-23 15:42 | 日常 | Trackback | Comments(24)
2019年 03月 16日

半分ずつ


世の中には、いろいろな病気があって
自分がこの世に生を受けてから
向こう岸の橋を渡ってゆくまでには
多くの怪我や病気や・・予期せぬ事故など
経験しながら年月を重ねていくんだろう。
病院や医者の世話にならずに、一生を終えられる人は
一体どれくらいいるんだろう・・・
そんな人の人生は、きっと幸せだ、と
病に罹った人は皆そう思うのかも。

なんで自分が・・なんでこんな病気に・・
と嘆き悲しんで苦しんでも
起こってしまった現実は決して代えられない。
誰も代わってくれないし、嘘だったことにも出来ない。
紛れもない現実が自分の身に降りかかる。
受け入れて・・ある意味共存しながら
生きていくしかないんだろうな、と思う。

kazuさんの病理検査の結果が出た。
手術してからだいぶ時間が過ぎた・・
判断がつけ難い稀な病名だった。

何度も何度も気持ちが折れそうになった日々
反面、術後の傷の痛みも消え
以前と変わらない姿を見ていると
このまま、もう何もしなくたって元気に
過ごせるはず!
先生はきっと「経過観察」と言ってくれるはず。
不安に押しつぶされそうな毎日でも
そんな風に考えることで、私自身は救われていた。
kazuさんはどうだったかな?
もっと現実的だったのかもしれない。

術後の治療は、再びの入院
今回は会社も長期休職扱い。

去年の秋ごろ・・2019年温泉旅の
予定を書き記したメモがカレンダーに
そのまま張り付けてある。

2019年・・こういう年になるなんてね
思ってもいなかったね。

だけど、少し先の未来・・2019年を振り返って
「いやぁ~ホントにきつかったねぇ」って
笑って話せるように、絶対そうなるように。

治療で痛かったり、苦しかったり
おんなじ思いを半分ワタシが引き受けるよ!

一緒にガンバロウ






by satomi-kazu | 2019-03-16 01:44 | ひとりごと | Trackback
2019年 01月 19日

世間知らず?


今月末に予約を入れていた四万温泉の新規宿は
当然ですがキャンセル
2月以降も、暫くの間は温泉の予定が無くなった我が家です。
約10年くらい?ほぼ毎月のように行けていた温泉だけど
「行かなかった年もあったね」と、振り返れる今であるように。

温泉宿の宿泊記を書くことが出来ないので
このブログもたらたらと、独り言日記が増えるかと思いますが
良かったらどうぞお付き合いくださいませ^^

「世間知らず」タイトルの今日の独り言ですが
今日から、大学入試のセンター試験が始まるようですね。
職場の同僚の息子さんが、受けるようで
昨日、そんな会話をしていたら、ワタシ的に???な
事を聞きました。

帰ってから、kazuさんに聞いたところ
「そうだよ、当たり前」と、シラーッと言われました(笑)

大学受験は何校も受けて、合格した大学に
入学することを見込んで、入学金を支払った後
別の大学にも合格しそっちに行く!と決めた場合
最初に入学金を支払った大学からは、そのお金が戻って来ない!!
という事実・・・マジですか??

今年に入って、MYビックリ!!の一番でした(笑)
えーーー??ホントに?大学まる儲けじゃん
しかも、数万円とかの金額じゃないそうで
(何十万もするそうです・・ホントかっ??)

最初に入学金を支払った大学に入学すれば
何も問題ないけれど、他に受かった大学に入ることになったら
お金戻ってこないって・・・こんなことあるんですねぇ

世間一般では、当然のことらしけど
千葉の田舎で育ち、大学受験などは無縁で
すぐにお勤めしたワタシにとって、この事実は
かなりのカルチャーショックでした(苦笑)

子育てって・・・本当にお金が掛かるのねぇ・・・
成人式の晴れ着姿のお嬢さんを持つ同僚や
大学受験のお子さんを持つ同僚
身近でこういう話題を最近耳にすることが多かったので
自分の世間知らず振りを実感しました。

ちなみに、kazuさんの姉上さまも
K大学に入学金支払い後に
W大学に合格で、そっち選択
ん十万円の入学金は
戻ってこなかったそうで・・・
いやぁ・・・親って大変ですね。

ってことで、世間知らず
子無しおばさんの今日の一枚(笑)
f0208112_12181289.jpg

同僚数人での新年会
参加するかどうしようか・・って
少し悩んでましたが、行って良かったです。
つかの間だけど楽しい時間過ごせました。
みんな!サンキュウ♪






by satomi-kazu | 2019-01-19 12:34 | ひとりごと | Trackback | Comments(20)
2019年 01月 13日

48年前の


明日は成人の日ですね。
なんとなく成人式の日って大雪だったり・・・
お天気が良い印象がないのですが
明日の予報は、穏やかな日和のようで良かったですね。
職場の同僚の娘さんが、式に参列するそうで
前撮りの晴れ着写真などを見せてくれました。
華やかで若々しい姿が、本当に眩しく感じました。
と同時に、そういう時は自分の20歳当時の事も
思い浮かべてしまいます(苦笑)

そうは言っても、私は成人式の晴れ着は
着ていなくて、地元の式にも参加していません。
高校を卒業して都内に就職しましたが、式当日に
お休みを貰えたのは、遠くの県から就職した人が優先でした。
振袖を着れなかった・・という後悔?みたいな感情は
一切なくて(苦笑)高価な着物を買ってもらうよりは
お祝いに現金とか(笑)何か買ってもらうほうが
ずっーといいな!って当時も、今もその感覚です。

今は、着物もレンタルとかが当たり前でしょうけれど
当時は、そういうシステムも無く殆ど新品を
購入するっていう感じだったんじゃないでしょうか。
親は、可愛い子供の為にそれ相応の出費をします。

晴れ着姿の、煌びやかなお嬢さんたちを見ると
親御さんたちの深い愛情を感じます。

私の実家は裕福ではなく
父親が長年病気療養をしていた時期は
生活保護を受けていた事もありましたから
解り易く書いちゃえば「貧乏」(苦笑)

そんな中でも、親からの深い愛情を感じる
晴れ着の一枚が、私にもありました^^
f0208112_12510421.jpg

48年前・・時代を感じますねぇ^^;
面影も無いのでボカシもなしで(笑)
とにかく、老けてた子供でした。
高校生くらいまで、実年齢に見られたことは
一度もありません。

祝成人のみなさん、おめでとう
親御さんへの感謝忘れないで
ステキな大人になってくださいね。

ブログ見てくださってる皆さんの
成人の日の思い出など
是非お聞きしたいですね^^





by satomi-kazu | 2019-01-13 13:02 | 日常 | Trackback | Comments(21)
2019年 01月 05日

2019年 睦月



2019年 新しい年になりました。 
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年最初のブログにどんなことを書き残そうかと・・・
正直、色々と悩みました、自分なりに。

悩んだところで、何がどう変わるわけでもないのですが(苦笑)
まぁそれでも、こうしてブログを公開している以上
多くの方が目にするだろうし、どんな風に感じてくれるのか
とか、一応気にしたりするところもあって・・・
そういうのも含めて、どんな事を書こうかって
悩みました。

で、やっぱり私っぽく(苦笑)
そのままで・・・
いつも通りでいいんじゃないの?
って自分に言ってました。

私の病気療養がきっかけで書き始めたブログ
病後の私を気遣って
温泉にたくさん連れて行ってくれたkazuさん
そんなふたりの記録として、書き続けてきたブログ
温泉旅行記だけじゃなく、日々のこともあれこれと
感じたままに綴ってきたブログです。

変えずにやっていこう。
私が書けなくなるその時まで。
そんな風に、自分で決めました。

2018年の12月は、私にとって
訂正・・当然kazuさんにとっても
忘れたくても、絶対に忘れられない
そんなひと月間でした。
早く今が過ぎ去って欲しい
本気でそう思ってました。
いつもと変わらず居間でぼっーとテレビを
見ているkazuさんの横顔が
目に入ってくるだけで
自然と涙が流れました。

昨年の12月初旬から、多摩地区の大きな病院で
いろいろな検査を受けてきたkazuさん
まだハッキリとした病名、診断はされていないけれど
この宙ぶらりんな、へびの生殺しのような時間が
私にとっても、kazuさんにとっても
耐え難いとてつもなく長い時間だったように思います。


正直、担当医師から聞かされた疑いのある病名は
聞かなかったことにしたいくらい
今でも、文字にするのも嫌な言葉です。

それでも、まだ12月初旬の頃は
血液検査の感じでも
「要観察でもいいのかなぁ・・」と医師
まだふたりとも、どこかで楽観していたように
今では思います。
それが、再採血、CT、エコー、骨髄検査などが
進むにつれて不安が大きく大きくなっていきました。

不安で胸が絞めつけられる思いって
こういうことなんだと、実感したくもない現実が
私とkazuさんに襲い掛かった
そんな 2018年 12月でした。

12月中のブログのアップ内容や
コメントの返信などで
なんとなく違和感があったように
自分でも読み返すと感じます。
余計な心配などを掛けてしまった方々にも
この場でごめんなさい。

闘病ブログって、自分がもしも同じような病に
侵された時には、とても参考になって
同じ病気の人が元気になってる姿を見れば
もちろん勇気づけられたりもする。
だけど、kazuさんが自分の闘病ブログを
書くとは思えないし、私がこの場で
kazuさんの日々の一部始終を
書き綴っていくのは、正直・・ツライ
節目節目で、何か書き残せたらいいかなと
今は考えています。

必ず、絶対に治る!と信じて
というより、疑わずに
日々過ごします。


2019年 睦月
kazuさん、試練の年の始まり
入院、手術が待ち受けています。

「satomiさんの為に頑張るよ」
そう言ったkazuさん
あったり前じゃん(笑)

初詣のおみくじ 大吉だったものね!






by satomi-kazu | 2019-01-05 14:31 | 日常 | Trackback | Comments(13)
2018年 11月 24日

老後へと向かう日々②


f0208112_13004023.jpg

先月、日差しがたっぷり入る実家母の部屋で
外に目をやる姿を写真に収めた。

梅雨の走り、5月の末に入院し、自力では起き上がる事さえ
出来なかった母が、猛暑の夏を乗り越え数か月経った今
こうして自力で窓際に置かれた椅子に座っている。
人間の生命力ってスゴイなって実感出来た、この数か月間。

ワタシと兄に支えられて向かった、父のお墓の前では
「早く、迎えにきてよ」と、泣いていた母も
歩行器を使って歩けるようになり、トイレもひとりで行けるようになり
時間はかかるけれど、ひとりで薬の仕分けもきちんと出来るようになり
まだまだ食は細いけれど、ワタシが送った栄養補助食品を
思いのほか気に入ってくれて「美味しかった」と電話をくれたり。

年が明ければ84歳の誕生日を迎える母。
実家に向かうたび、母の顔を見るたび、会話をするたび、お風呂に入れて
身体や髪を洗ってあげるたび、嬉しそうな顔をして野球を見る姿を見るたび
何百回も(笑)同じ話をするたび、50を過ぎた娘の私を今でも「ちゃん」付で呼ぶたび

あと何年、何回・・・母との時間を過ごせるだろうかと考えると
些細なことに、ふっと泣きたくなってしまう瞬間ばかり。






f0208112_13005753.jpg
f0208112_13004885.jpg

もう、ひとりでは外出も出来なくなった母
自分の部屋で、テレビを見たりご贔屓の
演歌歌手の歌を聴き、ビデオを見るのが
最高の楽しみになっている母。

ワタシがユーミンが大好きで、その歌唱や
歌の世界に勇気づけられ、頑張ろう!という
気持ちになれているのと同じで
母にとっては、今、この男性演歌歌手2人の
歌声が、生きる楽しみといっても
大袈裟じゃないと思っている。

数年前の誕生日にも送っているけど
今回も新しく発売されたものを2枚。
喜んでくれる顔が目に浮かぶ。

試しにちょっと拝見(笑)
福田こうへいさん
なかなかジーンとくる言葉で
涙腺を誘いました。




「今まで生きてきて、人様のお役に立つとか、誰かの助けになる事とかそんなことは全く出来なかった自分ですが、歌手としてデビューして
たくさんのお客さん、ファンの方々から自分の歌声で元気をもらった! そう言ってもらえて本当に幸せです」 みたいな内容だったかな。

老後へと向かう日々 ちょっと話がずれましたけど、高齢になっても何か楽しめること、物、対象物が有ると無いとでは、日常の生活に大きな差が
出てくると思いました。 「歌がうまくてね、何回も何回も聴いてるから、もう歌詞も全部覚えちゃったよ」と、嬉しそうに話す声を聞いていると
「あ~こういう喜びは、ワタシがどう逆立ちしたって与えてやれないものだよな」と思うのです。
ワタシが歌って聴かせてあげるなんてことは・・まず無理ですしね(苦笑) それと、週一でお世話になっているデイケアサービスも。
同じ年代の高齢者とのコミュニケーションも、外出などがままならない高齢者には欠かせない時間、場所だと思いました。
こうだった、ああだった・・・と咳を切るように話してくれるのです。 ワタシはただ聞くだけですが、話せる!聞いてもらってる!そんな些細なことが
嬉しくて仕方ないんだろうなと。  温泉好きでいつも何処かに出かけている娘としては(苦笑)そういう趣味も母に持って欲しかったなぁというのが
正直な気持ちですが、元々が出不精な母。 人が求める楽しみや幸せは、千差万別。 母には母の楽しみや生活リズムがある。 そういうことですね^^

老後・・・65歳で逝った父も、現在83歳の母も、周りにはいつも誰かしら一緒に生活していた。
これって、案外幸せなことなんじゃないの?って思います。
独居老人、孤独死・・・そういう現実には遭遇しないでしょう。
ワタシとkazuさんの老後は一体・・・そんな現実が時折ふっと頭を過ぎります。
子供や孫に看取られないで逝く未来、自分たちで選択してきた「今」です。



「自由部門」に応募します。



by satomi-kazu | 2018-11-24 14:13 | 老後 | Trackback | Comments(10)
2018年 10月 20日

2018秋 日々いろいろ②


f0208112_13300000.jpg

2018年秋
この過ごしやすい季節も
あっという間に過ぎ去って
冬も・・すぐそこですね。

一度風邪をひいたけど
お陰様で元気に過ごせています。
実家の母も、一進一退な感じでも
入院当初に比べたら・・・です。



さて・・今秋
笑顔が一番似合うこの人が・・チームを去り
(となりの外人さん
来シーズン戻ってこれるのかな?^^;)

最下位で終了~という、悔しいシーズンでした。
やっぱりビリは悔しい(苦笑)



f0208112_13301748.jpg

来シーズンの虎は
新しい新監督と共に!!

なんかカッコイイじゃん^^
矢野さん♪

例え、最下位でも・・・
阪神ファンは永久に不滅です(笑)
なぁーんて、どこぞの終身名誉会長みたいだ(苦笑)

阪神が好き!理由なんてない! 応援しま~す♪
f0208112_13303389.jpg

















f0208112_13311362.jpg


「食欲の秋」と称されるけど

ワタシタチは、普通に年間通して・・・デス^^

最近食べたもので、ちょっと感動ものが
国立行きつけのお蕎麦屋さんの
「牡蠣南蛮そば」@1600

大粒の牡蠣が3個も!!
いやぁ~ ビックリするほどの大きさでした。

お蕎麦と、汁の味は、言わずもがな。
国立ではピカ一のお蕎麦屋さんです。





f0208112_13320958.jpg

秋刀魚も、この秋初めて食べました。

マンションでは、揚げ物や魚を焼くのは
ちょっと躊躇するので、外食で食べます。

自宅から徒歩2分の場所にある、大衆食堂的なお店。
ご飯ものや、うどん蕎麦のセットメニューなどが
沢山あるので、一ツ橋大学の学生さんなどに
大人気のお店です。

歴代のアルバイト君達も
殆どが一ツ橋の子達みたいです。

100%個人的な感想ですけど
アルバイトの子達、いつきても皆んな
きちんと礼儀正しくて、頑張ってる感がある子達です。



野球やら、秋刀魚やら、自分で書いてても、ごっちゃまぜブログだなぁと笑っちゃう^^; いつもお付き合い頂きありがとうです♪


f0208112_13293766.jpg

そして晩秋、11月に入ると
チケット当選の有無が気になる時期がやってくる^^

ユーミン苗場公演  来年は39回目

友人に
「ファンクラブに入会しないで
今まで、苗場に当選してた事の
方が不思議よ^^;」
と言われたもので(笑)
今回は、初めてファンクラブ入会からの応募

どうぞ・・・当選しますように♬

今回、ほのぼのした感じがする温かいパンフが届いた。
思わず・・・ポポカさんが脳裏に思い浮かんだ。
同じくユーミンファンで、ブログの交流で出会ったポポカさん。
6年前に天国に召されてしまったけれど、きっときっと毎年
苗場の空の上から、ユーミンライブを観戦しているはず!

また・・・そんな日がやってくるよ、ポポカさん。



                     2019年 苗場
                   雪の中のいつもの場所に
                    みんなの笑顔が集まる
                    ユーミンに包まれて
                      夢降る夜を
                     お過ごしください


                              過ごした~い^^ 2018年秋 いろいろ、おしまい。




by satomi-kazu | 2018-10-20 15:01 | 日常 | Trackback | Comments(10)
2018年 10月 06日

2018秋 日々いろいろ


f0208112_13403259.jpg   
ブログを見返していたら、去年は「秋の色々」と題して
日常の事やらを何度かアップしていました。

日々大差ない日常を過ごしながらも、こうして写真と共に
その当時の自分の言葉を読み返してみると・・やっぱり
「人生いろいろ」ですねぇと(苦笑)

今年の夏は、実家母のことでワタシ自身の体力や
精神状態にもたくさんの変化があって(現在進行形でもある)
結構キツイじゃん、人生(苦笑)なんて思いながら過ごしてきた。
まぁそれでも、夫婦で楽しみな温泉旅行にも行けているし
「幸せだな」と思える日々の方が多いので
文句言うべからず^^;satomiさん

ちょこちょこと2018年秋 日々のいろいろを。



スープストックというお店 お隣立川駅ルミネにあるのは知っていたのだけど、ワタシ初来店。ひとりで読書しながら食べている女性客多し
子供連れで賑やか家族連れ等々・・・少し狭いカウンター席に着席、仕切りのない前方にもカウンター席、そこに女の子1人と男の子2人の
3人組大学生が座った。 会話はモロ聞こえ(笑)ひとりで喋る相手もいないワタシは、真ん前の若者3人組の会話を最後まで聞くことになる^^;
詳細は端折りますが・・・あれは絶対に三角関係だな(笑)というか男子2人は、あの女の子が好きだよね^^
体育会系だと思う(大学名の入ったお揃いのジャージを着用してたから)

女の子「私~スープストック初めてぇ~」 「おばさんも初めてぇ~」
男子①「俺、何度もきてるよ、旨いんだよ~ お勧めはオマール海老のビスク」 「おばさんも、それ頼んでみた!確かに美味しい♪」
男子②「俺は、初めてきた。〇〇と同じじゃん」 「うんうん、同じってこと強調したいよねぇ」
ワタシの子供世代の若者達 若いって素晴らしいね。
この先まだまだ何年も何十年も、いろんな経験して楽しんで悲しんで、悔しがって喜んで・・・頑張って!


f0208112_13415788.jpg


2018プロ野球シーズンも・・・
ホントは忘れちゃいたいけど(笑)
Bクラス確定で、この先のCSや日本シリーズも
興味ないチームが戦います(苦笑)

さっまた来年!!
と、スパッと切り替え出来るほど人間出来てないので
今シーズン試合日程がすべて終わるまで
ウダウダ、ブーブー、kazuさんと
言い合ってるような気がします^^;

今シーズン限りで引退の広島新井さん
子弟愛に溢れたこの一枚^^
タイガースの同じユニホームで
一緒に優勝を味わって欲しかった。

一日一善打席 お得意のゲッツー
タイガースではこんなんばっかりだったのにね。
広島に戻って良かったね・・・いや、マジで(笑)




f0208112_13410060.jpg

職場の先輩、そして同僚と韓国料理やさんで飲み会

異動になる前に、一緒に働いていた仕事仲間
業務自体は全く同じことをしているのだけど
職場異動が前提にある会社なので
たくさんの人達との出会いや別れがある。

全く、連絡を取り合わない仲間もいれば
こうして年に数回会って、職場での憂さ晴らしなど
飲みながらお喋りできる関係でいられるのは
シアワセな事、嬉しいことだと思う。

来月で丸9年 あれー^^自分でも驚いた。 継続は力なり
そんなに長いこと、この会社にいたのね(苦笑)

海鮮チジミ、牡蠣ジョン 美味しい~


キムパ  トッポキも美味♪ 少し食べ過ぎました^^;
f0208112_13411201.jpg

f0208112_13400652.jpg
立川駅に最近出来たお店 有名らしい^^;
行列の出来るアップルパイのお店のようです。
前を通るたびに、20人位の列を目にし、同時に甘い香りが漂って
いつか並んで買わないとね!って(苦笑)
でも!! 一回で充分です^^; 
なんであんなに並んでまで??が正直な感想

f0208112_13395004.jpg
















f0208112_13401913.jpg


一個398円位だったかと、間違ってたらすみません。
さほど大きくも無いわりに、値段が高かったのと
「カスタードクリーム、リンゴたっぷり♪」が売りのはずなのに
寂しい中身で、がっかり。

焼きたて出来立てを購入するので、食べるときには
ほんのり温かい、ワインにも良く合って美味しいけど・・・

スーパーやコンビニで売っているアップルパイを
レンジでチン♪でも・・・さほど変わりないかと。
なぁーんてね(苦笑)連日並んで買ってる人に無粋でしたね。

美味しい!と評判のお店や食べ物
ミーハーおばちゃんなので、一回は経験してみたいタイプ(笑)
で、もういいや!とすぐに納得するタイプでもあります。


立ち食い寿司にも、あれから何度も行ってます^^; この秋一番のマイブーム♪ 早番終わりの日にkazuさんとも行って気に入ったようです^^

f0208112_16110510.jpg
f0208112_16444425.jpg
















f0208112_16114668.jpg
f0208112_16111993.jpg


















ブログアップ中に、阪神タイガースの2軍が日本一になりました(^^)v めでたい!! 一軍の体たらくに喝っ!をいれましたね。
2018年秋のいろいろ・・・行楽シーズンにも突入で、あたたかい温泉が、恋しい季節になりました。

実家の母、そして国立のお義母さんの様子を見ていると、「老い」は誰の元にも必ずやってきて、現実、人は死に向かって生きているんだと。
心の中で想うことは本当にたくさんあって・・文字にして表現することも難しいけれど、生きている今を精いっぱい楽しみたい。
明日、何が起こるかなんて誰にも分らないのだから。  2018年 秋 日々いろいろ おしまい。





by satomi-kazu | 2018-10-06 17:04 | 日常 | Trackback | Comments(8)
2018年 09月 06日

2018酷暑の夏 備忘録

                         
                    9月に入って、まだ残暑は続いてるけど、2018年の夏も終わりますね。
                 春夏秋冬のある日本だけど、もしかしたら、夏と冬しかなくなっちゃうじゃないかと思うほど
                     ホントにホントに厳しい酷暑の夏でした。
f0208112_00082834.jpg
2018年夏 個人的な備忘録です。 実家周辺の風景。
                  母親の入院介助で、幾度となく通い詰めた実家、青々とした田んぼの風景もすっかり見慣れました。
f0208112_00200737.jpg
                                              
f0208112_00315621.jpg


実家市内の病院 夜のこの風景も・・・
今となっては懐かしく感じる。
「親の介護」と呼ぶにはまだまだ
そんなに長い月日を費やしてきたわけじゃないけど
実際に、一か月半近く仕事を休職し、実家での寝泊まり
国立に戻っての生活、病院と実家の往復、母の介助・・
正直、本当に私自身も疲れた・・というのが本音。

一日も早くこの状況から解放されたいって
心底思っていた数か月。

言葉にすると、親不孝なことまで考えた日もあった・・
だけど、、元気な声を電話口で聞けば
あの数か月のキツさも報われる。



数日前に下書き保存してあった、今日の備忘録日記・・・
今朝早くに北海道で発生した大地震のニュースや、先日の台風21号被害、大阪の地震
西日本豪雨被害等々・・なんだか今年の夏は大災害が立て続けに起きていて、本当に怖いです。
だけど、自分たちの日々の生活を送ることで精いっぱいで、こういう大きな災害ニュースを目にしても
正直何も出来ず普段通りに出勤し、いつもと変わらない日常を過ごしている・・・それが現実でしょうね。

病気でも災害でも・・自分の身に実際に起こった時に初めて実感できることなんだと思う。 
いつも思うのは、救助活動など災害時に携わる仕事に従事している皆さんには頭が下がります。

                                                                       


by satomi-kazu | 2018-09-06 13:28 | 日常 | Trackback
2018年 08月 30日

レース婚式

                                                                                    
f0208112_11245246.jpg

13年目
レース婚式というらしい。
なんとも可愛らしい呼び方^^

20年の節目・・
というか目標みたいなものが
ワタシの中にある。
kazuさんにも詳しく話していない
ワタシの中だけの想い。

それまでも、そこからも、ふたりで
元気に過ごせていられるのが
何よりの願い。

(信州 別所温泉の夫婦道祖神)



結婚記念日は毎年、外食か温泉でお祝い。 
今年は、記念日周辺の予定が二人とも合わず、来月初旬の温泉でお祝いしよう!となった。
13年・・出会った年から数えると17年かぁ まだまだひよっこですな(笑)
銀婚式(25年)金婚式(50年)生きてるかなぁ(苦笑)
最近、夕飯時の会話は、年金定期便を見ながら「何歳から貰う?」、なワタシタチです^^
そういう年代になっちゃったんですねぇ
f0208112_14260855.jpg
 1本の茎から2輪ずつ花茎が伸び、和名の由来となっている「二輪草」
枯れてゆくときも一緒かな・・・一緒がいいね、、好きな花。









by satomi-kazu | 2018-08-30 12:00 | ひとりごと | Trackback