人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:日常 ( 223 ) タグの人気記事


2019年 06月 15日

梅雨入り


紫陽花の季節に突入ですね。
あじさいの花言葉「移り気」「浮気」「無常」
あれ?なんか微妙な感じ(苦笑)
の色が時期によって変化することから付けられたそう。
色ごとの花言葉「青=辛抱強い愛情」「ピンク=元気な女性」
「白=寛容」薄い青と白が混ざった色が好きかな。

f0208112_22182713.jpg
ミツバチが夏椿(さらの木)の周辺を飛んでいました。
清々しい初夏の花 「夏椿」 花言葉は
「愛らしい人」「愛らしさ」「はかない美しさ」
愛らしい人かぁ・・・花言葉通りの人だなぁと
あの人の笑顔が思い浮かんだ。
f0208112_22184230.jpg

f0208112_22195802.jpg

半年を振り返って、備忘録

ご近所の罹り付け医の先生からの
紹介状を持ってこの病院を訪れたのは
昨年12月の初旬
診察受付の列に並ぶkazuさん。
この日から、6ヶ月半

ブログを見に来てくださってる皆さまから
たくさんの心配や、応援や、励まし・・
本当に感謝の気持ちしかありません。

ようやく先が見えてきました。
入院治療の成果は血液検査での数値次第
梅雨が明ける頃には、晴れて「退院」の
嬉しいご報告が出来そうです。


f0208112_22370770.jpg


まるで通勤するかのように通った病院

長い人生の中の、ほんの数ヶ月・・・
こんな風に、水泳の池江さんも表現していたっけ。

病院からの帰り道
最寄り駅まで歩いてみたり
バスの車窓から見慣れた風景を見たり

全ての出来事が
懐かしく振り返れる日がくる。
思い出になる日がくる。

そう信じて、「今」を過ごしています。





f0208112_22371859.jpg
♪病気の名前はMyelogenous Leukemia(ミエロジエナースロイケミア)
図書館の椅子はひどく冷たく♪

ユーミンの歌に「雨に消えたジョガー」という曲があります。
骨髄性白血病に侵され最後はひとりでボートに乗って・・・
愛する人を失ってしまうという哀しい歌です。

kazuさんが頑張って治療を乗り越えてくれた今なので
こんなブログも書けます。

医学の進歩は、私たちの想像以上に
進んでいるのではないでしょうか。
一昔前だったら、助からなかった多くの命を
医療の力が救ってくれます。



by satomi-kazu | 2019-06-15 11:33 | kazuさん入院 | Trackback | Comments(11)
2019年 06月 02日

外泊許可


f0208112_23593071.jpg


つる性植物の女王、初夏を代表する凛とした花
クレマチス

花言葉は「美しい精神」「旅人の喜び」

伊豆高原から初夏の便り
いつも気にかけてくれてありがとう。


備忘録  最近のkazuさん
抗がん剤治療の合間に外泊許可が出て
今夜は、自宅マンションで休んでいます。
病室から殆ど出れなくて、行動範囲も制限されて
いたけど・・・頑張りました^^

何ヶ月か振りに、寝室から聞こえてくる
kazuさんの寝息・・・

目の前が、真っ暗になったあの頃から半年・・
ようやく長いトンネルの先に、小さな灯りが
見えてきました。
傍にいる喜びと、少しの安堵と・・・

治療はまだ続くけど
秋色の風が吹くころには
以前と同じ日常になっていることを願って。




f0208112_23594265.jpg

ブログに書けるような話題も無いので、ちょっと医療費の事を(苦笑)
今回の、kazuさん療養、月ごとの清算額を計算してみました。
なんと・・・驚愕の数字です。
昨年末から、5月末までの半年間で総額300万超え
3割負担で90万円・・・って
もちろん、高額限度額申請をしてますので
実際に支払った金額はもっと低いのですが・・・
それにしても、日本の保険制度は素晴らしい!と
改めて感心してしまいました。
USAなんて、300万円そのまんまの支払い。
病気になっても、支払えなかったら
どうするんでしょうか・・・
支払い能力が無い人に対しての援助や何か、制度があるのかな?
他の国のことなので、解りませんけど。

血液系の疾患は、医療費がとても高額になるって
ネットなどで調べていたので、漠然と構えてはいたのですが
これほどまで高額になるとは正直驚きました。

生まれて初めて、こんな高額の医療費を体感しているkazuさん^^;
個人的に加入している保険も含めて、健康保険料、介護保険料など
生涯払いっぱなし(苦笑)でお世話にならないことが
一番いい事なのかもしれないけれど、万が一の時には
本当に助かる制度、日本人で良かったと思える制度です。


奇しくも、同時期に疾患された水泳選手の池江さんも
運動を再開出来るほど、回復にむかっているというニュースを
今日、目にしました。
嬉しいものですね・・家族でも親族でもないけれど
頑張って~!頑張ろうね~!って思える。





by satomi-kazu | 2019-06-02 01:08 | kazuさん入院 | Trackback | Comments(34)
2019年 05月 20日

ひとりの食事


f0208112_01521930.jpg

点滴が終わった後の食後に
kazuさんが珈琲を飲みたがるので
ワタシが遅番勤務以外の日は
ほぼ毎日、病院内のドトールへ。

感染症予防の為
kazuさんは行動範囲が制限されている。
大勢の人がいる病院内、ウロウロ禁止(苦笑)
なのでね、せっせとワタシが足を運ぶわけです。

こうも毎日、ドトールに行くものだから
お店の人とも顔見知りに^^;
余計なことは聞かない、言わない。
「いつもありがとうございます、お熱いので
お気をつけて・・・」
「どうも、ありがとう」

ポイントもいっぱい貯まってきた^^

kazuさんが再入院してからもうすぐ2ヶ月

長いね・・・ひとりの食事(そこかい・笑)



f0208112_01511292.jpg

相変わらず、仕事→病院→マンションの
ローテーション日は、自炊する気力は無く
ついつい外食
なんて言いながら、病院→マンションだけの日も
結局は外食だけど(苦笑)
「ひとりご飯」の写真もいっぱい増えました。

少し載せながら、ブログアップします。

地元のとんかつ屋さん

女性ひとりでも入り易くて美味しい。
アルバイトの男の子がすごく感じ良いんだよねぇ
変わらずにいて欲しいけど、すぐにいなくなっちゃうよね・・きっと。
「ご飯お替りどうぞ~」って! おばさん、ホントはもうふた口くらい
食べたかったけど、柄にもなくほんの少し気恥ずかしくなって
やめといた(苦笑)


f0208112_01503151.jpg

これは、何度か行ってる立ち食い寿司屋さん

職場の近くにあるんだけど、チェーン店で
kazuさんの病院最寄り駅にもあった!

ランチのお寿司
この握りと、お味噌汁が付いて
確か650円くらいだったかと。

すっごくお得で、美味しくて大満足♪
自慢気にラインで写真を送ったら
「いいなぁ・・・」って。

あっ・・・
生のお刺身とかも禁止だったんだkazuさん。
ゴメン



f0208112_01520634.jpg


kazuさんの病院食も
なかなか美味しそうだよ^^;

熱が出て食欲がない時は
好きな麺類も食べれていないみたい。



元気になったら
なんでも食べれるさっ!!







f0208112_01504416.jpg

国立の大学通りにある
高倉町・・なんだっけ?
そんな名前の喫茶店

甘いものが食べたくて
パンケーキを注文
ふわふわで美味しかった。

何処で何を食べていても
病院のベッドの上のkazuさんの事が
気になる・・・

隣のテーブルで、子供の塾話題で盛り上がっている
3人組のお母さん達の会話を耳にしながら
本当に人って、いろんな悩みや問題抱えながら
生きてるんだよねぇ・・・
同じ立場にならないと見えないものが沢山・・・


f0208112_22191390.jpg



マンションから直ぐの場所にある
行きつけのお蕎麦屋さん

「あれ?ひとり?」
なんて聞かれたりしたら
応えるだけで、胸がグッときちゃうかも。

いつも二人でしかいかないお店だものねぇ









f0208112_21582962.jpg


国立駅のシンボル
赤い三角屋根の駅舎工事が進んでる。
2020年には完成するみたい。

ワタシはこの地に住んで17年目
生まれてからずっとここに住むkazuさん
新しい令和の年になってからも
病院にいるけれど・・・

今年はそんな年だね、受け入れて
乗り越えるしかない。

なんだかねぇ・・・やっぱりひとりは
寂しいものですね。
ものすごーく小さなことでも、ポジティブに
考えられなくなるような・・そんな感覚。



一枚の写真が届きました。
「庭の薔薇が咲きました・・・早くお会いできますよう」
あぁ、もうバラが満開の季節になったんだよね。
f0208112_22190261.jpg
些細なことにポジティブになれないのも確かだけど・・
些細なことでポジティブになれることもある。
なんか変だけど(苦笑)そんな感じ

ワタシの周りでワタシに関わってくれている
多くの皆さまに感謝。





by satomi-kazu | 2019-05-20 22:38 | 日常 | Trackback | Comments(31)
2019年 05月 13日

セミファイナル



f0208112_23100000.jpg


昨年9月からのユーミンツアーも
いよいよ、2公演を残すのみ。

セミファイナルの武道館チケット

「夢は・・続けること。だからやめない」

そんな力強いメッセージを
ファンにくれたユーミン

会いに行きたいな・・・







「ずっとそばに」ユーミン

ゆれる海に潜るような
何も聞こえないひとりぼっちのとき

変わってあげられぬ痛みが哀しいわ
どんなに思っていても

たなびく夕映えの雲 私に
涙あふれさせてくれたかわりに
そっと呼んで つらいならば
ずっとそばにいるわ

今日も明日もずっと






by satomi-kazu | 2019-05-13 23:41 | 日常 | Trackback
2019年 04月 30日

平成最後のブログ


f0208112_22450470.jpg


「平成最後の・・・」という名目で
テレビ番組もいろんな特集してますね。
街のあちこちでも、平成から令和への
文字をたくさん見かけます。

そして世間様は、10連休の真っただ中^^;
kazuさん入院中の我が家には、週末も連休も
関係なし、ましてや10連休なんてね。

そういえば、今日は「昭和の日」だそうで
kazuさんが送信してきた病院食も
心なしか?お祝いムード
オレンジにメロンまで付いたデザート
ご飯はグリンピースご飯




f0208112_22461137.jpg


栄養バランスに欠けますけど
ある日のワタシの晩ご飯

とにかくひとりだと
野菜を食べなくなっているので
意識して摂る様にしています。
しかし・・・どう見ても
ワタシの晩ご飯の方が
カロリー高そうです(苦笑)

「さとみさん、ちゃんと食べてね」って
いつもkazuさんがうるさいので(苦笑)
大丈夫!こんなに食べてます!ってことでね^^





f0208112_22494689.jpg

平成から令和にかけて
病室で年またぎをするkazuさん。

最近の状況は、専門的な事を書くと
抗がん剤の副作用で、白血球の数値が激減
感染症のリスクが高まっているので
ベッド周りを無菌状態にすべく
大型な機材を設置されました。

キレイな空気の中、どんな感じ?と聞いたら
「なかなか快適」と返事がかえってきました。

こんなに長い入院も治療も
何もかもが初めての体験

去年までの日常とは
全く違う毎日を送っているけど
今年の後半に、宿の予約をしました^^
まだ先のことは、解りませんが
予約の取れた宿に行くことを目標に
kazuさんもワタシも頑張れます。




いつも病院への足はバスなのですが、時折健康の為に最寄りの駅まで
歩いて帰ることもあります。
今の季節・・モッコウバラがすごくキレイに咲いています。
淡い黄色がとっても可愛らしくて
トゲが無いのに「薔薇」という名の付くお花
f0208112_22444080.jpg

花言葉もなんか・・いいんですよ^^
「あなたには私が必要です」
f0208112_22442783.jpg
皆さん、大型連休中お出掛けしてますか~
新しい元号になったら、また旅の思い出話し
聞かせてくださいね^^





by satomi-kazu | 2019-04-30 00:00 | 日常 | Trackback | Comments(16)
2019年 04月 05日

再入院の春 国立の桜


f0208112_09431915.jpg



気温の低い日が続いていたので
国立の桜も、まだまだキレイ

袴姿の女の子達を見かけたなぁと
思っていたら、今度は
初々しい制服姿の子供ら・・

春は、そんな季節なんだなぁと
改めて思いました。

いまさら(笑)




















ライトアップのお陰で夜桜も素敵

f0208112_09433543.jpg


f0208112_09441531.jpg


再入院したkazuさんの病室の窓からも
大きな桜の木を眺めることが出来ます。

今回の部屋は、窓側
すごく大きな窓で、病院から
帰っていく人たちが見えます。

窓際で、手を振って見送ってくれる
kazuさんの姿も通りの歩道から見えました。

血液内科での入院は、少し長い。
しんどい治療を続けながら
寛解・・そして全治を目指す。






f0208112_09440537.jpg
再入院までの期間、あんまり病気の話をしなくなっていた。
今は入院したから、そんなわけにもいかないけど(苦笑)
主治医の話は、なんとなくワタシ的には、いつも嫌い(苦笑)
普通なこと話してても・・・なんだろう?顔が(笑)
訂正!表情がしかめっ面気味で、怖いんだよね。

先生、もう少し、柔和な表情でお願い!!

担当の看護師さんは、とってもイイ感じ^^
頼りがいもあるし、たくさん笑顔があるし
話し易いし、何と言っても
「他の患者さんと比べるのも変だけど
〇〇さんの治療は、そんなに強い副作用出ないと
思うし、大丈夫よ!」って励ましてくれること。




f0208112_10221501.jpg


病気になると、人の温かさが身に染みる。
ちょっとした言葉の思いやりで、気持ちの
モチベーションが全然違ってくる。

いろんな仕事があるけど
病んでいる人、高齢者、身障者・・・
そういう人たちに寄り添う仕事をしている人達には
本当に頭が下がる思いです。
中には・・・えっえーーー??みたいな人も
いるけどね(笑)



病院内にあるドトール
こんなメニューで簡単に済ませて
ひとりのマンションに帰ることもある。

ワタシが元気でいないと駄目よねぇ
こんな食事ばっかりしてたら・・・
って、ワタシがワタシに説教してます。







by satomi-kazu | 2019-04-05 10:36 | kazuさん入院 | Trackback | Comments(29)
2019年 03月 23日

ブログ10周年


f0208112_13175568.jpg


2009年の4月15日に、ブログを書き始めました。
今年、2019年の春、ブログ開設から丸10年。

写真は、2009年3月24日の桜
開花直後の国立の桜です。

この10年で3回、パソコンの買い替えをし
データの移動など面倒なこともあったけど
私が撮り溜めてきた写真は、全部保存出来ていて
こうして10年前の写真を色褪せることなく見れるのは
凄いことだなと・・・文明の利器に驚愕しますね。

一言で10年・・とはいえ、自分の中では
「ちょっとこれ、なかなか凄いじゃん!」って
ひとりヨイショしてます(笑)




10年前の国立駅前 4月7日には満開でした。
今年は、どうでしょうね、入学式とか・・間に合うのかな。
咲き残っていると良いですね。

f0208112_13182709.jpg

f0208112_13461429.jpg


今年3月初旬、青空に映える
伊豆高原の「オオカンザクラ」

私のブログ更新と併並するように
約10年間通っている伊豆の宿

これから先
暫くは温泉とも距離を置く生活が
待っているので、伊豆の春を2人で
満喫してきました。


さて、ブログですが
出掛けてきた温泉宿のようすや
どんな物を食べたとか、そういうことを
後になってすぐに思い返せるようにと
写真をせっせと撮って、パソコンに取り込み
文章を書いて・・・と。
まぁよくも10年間も続いたものだと思っています。

だって、ワタシってホントに大雑把で、飽きっぽく
部屋の整理整頓は苦手だし・・・
こんな風に、きちんと?写真を整理して
ほぼ定期的に更新し、文章も付け加えて・・なんて
最初の頃は、きっと3日坊主で終わるだろうなと思ってました。

なので、やっぱり自分ヨイショで(笑)
凄いね!よく続いたね!!





宿をチェックアウト後 海岸沿いを散策 
東伊豆の海の写真を載せながら、この10年を少し振り返ろうと思います。
f0208112_14072243.jpg

f0208112_14082935.jpg


もしかしたら、この10年間は、ワタシが今まで生きてきた中で
一番穏やかに過ぎていった年月だったかもしれません。

再発乳がんの治療を前年までに終了し
病後の療養の為にと、出不精のワタシをkazuさんが
温泉に連れ出してくれたのがちょうど10年前。

もちろん、定期的な乳腺外来の受診も続いていたし
再びの再発や、転移などの不安が付きまとっていた年月でも
あったけれど、総じて本当に充実した日々だったと思う。

だからブログも長々と続けてこれたのかな。

この10年間で、実家の母の入院が2回
国立の義母も入院治療をしましたけど
今現在、双方とも普通に老後生活を送れている。

心に残っている、一番の寂しさは
ブログがきっかけで、お知り合いになれた男性
同じくユーミンファンで、同時期に病と闘われていた。
お互いのブログでユーミン談議に花が咲き
病気療養に関しては、知り得る情報をやり取りしてきた。

そんな友人が亡くなられた現実は、当時本当にショックを受けた。
顔も、お名前も、詳しいことは殆ど知らないネットの向こう側の方でも
まるで自分の身内が亡くなったように、悲しくてショックで
暫くは泣いてばかりいました。





f0208112_14074080.jpg

「温泉」

私とkazuさんの10年を振り返ってみて
絶対に欠かせないワード

もっともっと沢山の温泉に行かれてる方は
それこそ数えきれない程いると思うけど
私たちの中では、10年間で170泊以上の
温泉旅が出来た事は、凄いこと!
いっぱい行けたねぇ~ 健康であればこそ!

連れ出してくれたkazuさんに感謝
2人とも、元気でいられたことに感謝


そして、何と言っても
「ブログ ずっとそばに」
思い返せば、幼いころから日記のようなものを
書くのが好きだった子供だったかな・・
それでも、どこか飽きっぽい性格だったので
長続きはしなかった。

嬉しかったこと、ムカついたこと(笑)可笑しかったこと
哀しかったこと、苦しかったこと・・・その時の感情を
素直に書き続けてこれたこと。
自分の中では、なにひとつ後悔していません。
(次元が違い過ぎて付け加えるのもなんですが(笑)
先日引退会見したイチロー選手も、何ひとつ後悔するはずもありません
って発言してましたね)




f0208112_15064015.jpg
来月には、ブログ生活11年目に突入。
奇しくも大きな試練に立ち向かう11年目・・・
ネガティブな考えを持たずに
とにかく前に進む!

ブログ20周年も、今日のように振り返れるように。
書き続けていられるように。

頑張るよ~






by satomi-kazu | 2019-03-23 15:42 | 日常 | Trackback | Comments(24)
2019年 03月 03日

たらこスパゲッティと変な夢


f0208112_19123460.jpg


今日の一枚  うちごはん

無類の麺食い男、kazuさんが大好きな
タラコスパゲッティを作った。乾麺は300g
2人だったら普通の量だけど
作ってみたらなんだかテンコ盛りに(苦笑)

それでも、美味しい♪と言って完食してくれた。
ブロッコリー食べよう習慣も継続中の我が家の晩ご飯

ウチでのご飯は、ちょこちょことオカズが並ぶけど
見栄え的に(笑)イマイチなので、写真には残さず。

ブログ書いていると、いつの間にか恰好つけ~^^;
を覚えてしまって、キレイに撮れたのとか、自分でも
いいじゃん♪って思った写真しか載せなくなった(笑)

ブロガーの性(さが)ってやつですかね^^;


えっと、数日前にちょっとした夢をみまして
その夢の内容もそうなんですが、ここ何日かで
コメント欄でユーミンの楽曲の話題も出て
ワタシの見た夢が、その曲の詩に相通じるようで(笑)
自分勝手な解釈とユーミン愛!(笑)を込めて
少し記しておきたいと思いました。




「静かなまぼろし」

通りのドアが開き 雑踏が迷い込む
そのときまぼろしを見てる気がした
小走りのシルエット ガラスを押して
あなたが店に入ってきた

もしも微笑みこの席で向き合えば
時は戻ってしまうの遠い日に

全てを分かち合い歩いた二人が
今では柱越し 別のテーブル
誰かとメニューを選ぶささやき
振り向く勇気がなかった

会わない日々を云い尽くす言葉など
もういらないの気づかずいて欲しい

昔の恋をなつかしく思うのは
今の自分が幸せだからこそ
もう忘れて


ちょっといろいろ能書きしたいと思ったのですが、ワタシの文才じゃ無理っ!と悟りました(笑)
要は、最後の赤字の部分・・これだね! この歌の一番好きなとこ^^  
そーなんですよ、数日前の夢に遠い昔好きだった人が突然出現してきて、目が覚めた時には、なんだかなぁ~と
不思議な気分になりました(笑) 夢ってよく言われるのが、起きてる時の願望が眠った時に出てくるって
聞いたことあるけど、そうとは限らないよなぁ(苦笑) 歌の詩のように、昔の恋をなつかしく思うのは・・です^^
「静かなまぼろし」タイトル通り、静かなスローテンポの曲でアルバム「流線形80」の中でも好きな曲です。


「ためらい」

手をつなぐほど若くないから
あなたのシャツの肘のあたりをつまんで歩いていたの
道ゆく人とすれ違うとき
ふたりいつから付き合っている
仲に見られるかしら

もしも新しい このめぐり逢いが
心の傷跡もうひとつふやすことになろうとも

勇気を出してうちあけてみた
昔の恋をさりげなく聞く
あなたは冷たい人

舗道に寄せた車の中に
今夜ふたりで旅立つための小さな荷物がある

私はもうすぐ不幸になりそう
一緒の時間があまりに楽しく早く過ぎるから

明日のことはわからないけど
ずっと愛すと云ってくれない
あなたは冷たい人


この曲は、今年の苗場でユーミンから指名されたお客さんがリクエストした曲で、その時にユーミンが
「これは恋の逃避行の曲なのよ」って話をしたのですが、ワタシ的にはとっても意外でした。
「恋の逃避行」かぁ・・・どの部分の詩でそれを想像できるのかな?と思い
何度も詩を読み返してみたら、♪今夜ふたりで旅立つための小さな荷物がある♪ ここかな?ここだよねって
自分で勝手に解釈しました^^ 個人的には、赤字のサビのとこが曲調も詩も大好き。 
恋の逃避行・・・凡人には想像もつきませんでした。
自分の感性の乏しさが恨めしい(苦笑)と同時に、ユーミンの偉大さを改めて知るのでした^^

大袈裟な表現だけど、ユーミンとユーミンの曲の存在は、ワタシが日々生活していく中で元気や勇気を貰えると思っています。
一曲一曲に、青春時代の想いが溢れて蘇ってきて、切ない曲に涙したり、パワーを貰える曲は考え方を前向きにしてくれる。
そして、何と言ってもユーミンの全力なパフォーマンスを目にする度に「ワタシも頑張らねば!!」と思える。

毎年、2月の苗場公演中の数週間と終わってから暫くは、ユーミンの余韻に浸っているワタシ。
来週は全国ツアーも再開されて、嬉しいかぎり^^ 苗場お留守番だったkazuさんも、武道館には参戦!

スパゲッティーの写真から全く関係の無い独り言でした。
やっぱり・・・ユーミンって半端ない^^;

f0208112_11054975.jpg



by satomi-kazu | 2019-03-03 00:47 | 日常 | Trackback | Comments(12)
2019年 02月 24日

2019年 春の足音


f0208112_23430236.jpg

今日の一枚 「天下一品」こってりラーメン
ネギトッピング・・・って、こんな山盛りとは!!

温泉にも行けてないと
なぁーんにも話題無いのね・・アタシ(苦笑)

ブログに書けるような変わった?ことも無く
日々・・淡々とです^^;

まぁそれでも、毎日のニュースを見聞きしていると
本当に沢山の出来事があって、毎回なんだか解んないけど
テレビに向かって感心したり、呆れかえったり、残念がったり
怒ったり(笑) 
2つ3つ、気になった話題で感じたことを少し・・・
最近食べたラーメン屋さん3連発の写真と共に。
2019年の1月、2月ってこんなニュースあったのね・・的な。



f0208112_23551723.jpg

術後の、歩け歩けリハビリ中のkazuさんは、普通のこってり
何気に?量は少な目なラーメン屋さんなんですねぇ
大食いの人には、絶対に物足りない麺の量だと思いましたけど・・

そうそう、ニュースですが
こういうラーメン屋さんに行ってるくせになんですけど
なんだか、ジャンクフード店や、若いチャラチャラした子が
アルバイトしている外食店には、行きたくない!と思っちゃう。

「不適切動画」のニュース
床に擦り付けた唐揚げを、油の中に・・とか
切り身の魚をゴミ箱に捨ててから、再びまな板の上に・・とか
しらたきを、口に入れて出して・・とか
信じられないような事が現実に起こって、面白がって
動画にアップしてるバカ者は当然論外だけど
企業側にも・・・少なからず責任があるような気もしています。

「動画配信された商品は、お客様に提供されていないことを確認し
厨房機材などは消毒済みでございます」なんてお詫びされても
信じられますか? 投稿されたその日のウチに判明して対処した!って
どう証明できるんでしょうか??

店内の防犯カメラだけじゃなくて、従業員やスタッフ、アルバイト
特に、お客さんの口に入る物を提供している飲食業界は、厨房に
何台もカメラ設置して欲しい。ホントにそうして欲しい。

このニュースって、動画でアップされたからわかったようなものの
実際は・・・こういうこと日常茶飯事にやってるんじゃないの?
って、疑いたくなってしまうレベル



f0208112_00162241.jpg

ご当地ラーメンというのでしょうかね?
「八王子ラーメン」 みじん切りした玉ねぎが
トッピングされているのが特徴です。
玉ねぎは、血液サラサラ効果があるそうですよ。
あっさりした醤油味で、なかなか好みでした。

追加100円で、更に玉ねぎを頼みました^^;
f0208112_00164132.jpg














ラーメン食べてると野菜を食べなくっちゃ!って
少し罪悪感的な気になっちゃうのですが
玉ねぎこれだけ盛ってると、まっいいっか!ってなります^^;
f0208112_00165328.jpg


f0208112_11463577.jpg

喜多方ラーメン「坂内」
あっさり薄味スープと、縮れ麺が特徴
ワタシは、ワンタンメンにしてみました。
美味しいんだけど・・個人的には、なんとなく物足りなさを
感じたラーメンだったかな。
サイドメニューのミニ叉焼丼や、焼き餃子が何気に美味。

f0208112_11470413.jpg

f0208112_11471651.jpg

気になったニュース、その2は「児童虐待」ですかね。
言い方あれですけど、日常茶飯事のようにニュースで見聞きするので
「また?」っていうのが正直なところ・・・
親になった事がないので、心情はなんとも言えないけれど
自分の分身(子供)に痛いこと、苦しいこと・・出来るものですかね?
こういう親(人間)には、子供が受けた同じ苦痛を与えたらいいのに。



f0208112_12083529.jpg

彼女が患った病気のニュースを聞いたのは、苗場・・
本当にびっくりしたのと同時に、再検査や告知などを
既に受けた後の自らの公表と知り、どんなに辛かっただろうと
胸が張り裂けそうでした。

ほんの数か月前・・同じ道を辿ってきた私達には
他人事には思えない悲痛なニュースでした。

公表するまでの、本人の気持ち、周りの家族や親族の気持ち
公表後の多くの知人、友人達の気持ち・・・
言葉で表現するのは、難しいです。

それでも、今の医学は本当に進歩しているし
「治る」時代になったのです。

「神様は乗り越えられる試練しか与えない」と
彼女は言ったそうです。
本当にその通りだと思って、我が家も頑張ってます。

日本国民の多くが知る有名な選手が、公表したことで
「骨髄バンク」への問い合わせが相当数増えたとか。
些か不謹慎ですが、一般の人ではこうはいかなかったと思います。
関心と理解が増えてくれた事に複雑な思いながら、感謝の気持ちも。




春の足音も聞こえてきました! 
河津桜はもう既に満開とか^^ 伊豆の桜みたいなぁ 
たくさんの想いが交錯するけど
こんなにも春が待ち遠しいと思えるのも久しいです。





by satomi-kazu | 2019-02-24 12:52 | 日常 | Trackback | Comments(36)
2019年 02月 01日

病室の会話

                                
f0208112_22282696.jpg

今日の一枚

手術室にスタスタと自分の足で
歩いていくkazuさんを見送りながら

自分の時はどうだったかな?と
ふと思った。

そうだ!
確か、病室で既にストレッチャーに
寝かされ、看護師さんに「ちょっと痛いですよ~」
って言われながら腕に筋肉注射をされた。
麻酔の前の麻酔・・みたいな(苦笑)
で、手術室までそのまま運ばれたんだった。

待ってるよ~ 頑張れ!!



f0208112_22283768.jpg

で、帰ってきました^^

外科的な手術後は、とにかくすぐに
歩かされますね。ワタシもそうだった^^
kazuさんも手術の翌日から
看護師さんに促されて容赦なく(苦笑)

今日は、病室でのちょっとした出来事

4人部屋でした、kazuさんベットの隣の男性は
カーテンの隙間からチラッと見かけたけど
70代後半の男性 付き添いでやってくる奥さんも
70代後半らしいけど、看護師さんに奥さんの年齢を
自慢気に?言ってましたねぇ
「あらーお若いですね! 全然見えないですね」
   多分・・・待ってました~の返しなんだろな(笑)
kazuさんが看護師にワタシの年齢なんぞ喋ったら
パーンチ👊ですけどね。

きっと普段からお若く見られる奥様なんでしょう。

でも!この奥さん、とにかく話し声が大きい。
最初は、まぁこんなもんかなぁと我慢しつつでしたが
数日たつと、甲高い声が耳障りになってきました。
ワタシは、一日に数時間病室にいるだけですけど
毎日隣で寝ていたkazuさんはキツカッタでしょう。



ある日、お見舞いの中高年男性が来ました。患者さんと、奥さんと、お見舞いの男性
3人の会話は、一言も聞き逃すことなく(苦笑)全部、聞こえてきました。

いろんな病気も経験してきたようであっちも切った、こっちも切った、あの病院は駄目だ
あそこはいいな・・等々 しゃべり続けてましたねぇ

そんな会話の中で
患者のおじいちゃんが、こう言いました。
「いやね、この病院では、一番偉い先生に切って貰ったんだよ、あちこちね」
お見舞い男性
「そうですか、それはもう安心でしたね」
隣で聞いてたワタシ、kazuさんに小声で話し掛ける。
「一番偉い先生って、どういう基準でそんな風に言うのかね?」
kazuさん
「外科部長とか?病院長が外科医とか?」
次の日だったかな、病室に先生の回診があって、kazuさんの主治医〇〇先生が来ました。
kazuさんへの回診の後に隣のおじいちゃんのベットにも・・・「〇〇さん、どうですか?」と。

ワタシの頭ん中・・・kazuさんの主治医も、この病院で一番偉い人だったんだ~!(苦笑)

手術が無事に終わって、私の気持ちもだいぶ落ち着いてきました。
隣の患者さんの会話に反応して、笑い話に出来るくらいになったので。
まずは第一歩・・前に進むことが出来ました。
予想以上に大きな傷口で、経口の痛み止めを飲んでも痛みで眠れない夜
しんどそうな姿を見ていると、私までなんだか痛くなってきそう(苦笑)

普通に、当たり前のように温泉に出掛けていた去年までの日々
こういう現実が待ち受けているなんて思いもしなかった日々だけど
受け入れて、前に進むだけ。 立ち止まったら負けだもん。




by satomi-kazu | 2019-02-01 00:00 | kazuさん入院 | Trackback