人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:日常 ( 234 ) タグの人気記事


2020年 01月 17日

立川 一六珈琲店


立川 一六珈琲店_f0208112_21303868.jpg


今月は、なんとなく月日の経つのが遅い気がします。
ワタシの中では、「まだ半分?」って気分。
年が明けてからお休みも多かったせいかなぁ

今年の初湯までは、もう少しなんだけど
温泉は昨年の11月に行ったきりだったので
なんだかとっても長く感じてます。


お隣の駅、立川にある珈琲店に
ひとりで行ってきました。

何年か振りの?純喫茶(そんな呼び方しない?^^;)





立川 一六珈琲店_f0208112_21380534.jpg


店内写真はHPより引用



店内は、そんなに広くなくて
2、3人掛けのテーブル席が4つだったかな。
あとは、カウンター席が5、6席
カウンターは隣が近くて、混みあったら
寛げない感じがしました(個人的感想)

メニューなど写真も撮れずで、詳細は書けないのですが
料金は・・なかなかの金額(苦笑)
珈琲豆の種類も、半端なくありました。
自分好みを探すのも一苦労しそうです^^;




立川 一六珈琲店_f0208112_21451531.jpg


ひとりだったので、当然?カウンターに
案内されました。
目の前に、沢山の珈琲豆
苦味や酸味など、☆の数で表示されています。

どういう味が好みなのかさえ判らなかったので^^;
お店の名前が付いた「一六ブレンド」を注文しました。

¥680 カップ一杯分

ポットで注文すると、2杯分くらいあるのかな?
料金的にはそっちのがお得なのかもしれません。

スーッと飲みやすくて、あっという間に
飲み終えてしまったのでポットの方が良かったかな^^;



立川 一六珈琲店_f0208112_21452358.jpg


メニューには、美味しそうな手作りケーキなどの写真も。

クレープに目がいってしまい、それを注文

¥870 ムムム・・安くない^^;

店内は、クラシックが流れていて
優雅で落ち着いた雰囲気
女性二人連れの方達のお喋りする声が
高らかに響いていたけど(苦笑)
カウンターに座ってた中年男性は、静か~に読書しながら
珈琲タイム、同じく角のカウンター席は、ご婦人がひとりで読書

あれ?本持参は必須ですか?(苦笑)って思っちゃった。




立川 一六珈琲店_f0208112_22000898.jpg


クレープの中身は、選べるアイスクリーム
ナッツ入りのピスタチオ味にしました。

生クリームの程よい甘さで、超~美味しい♪
あっという間に完食してしまい(笑)
なんか勿体なかった^^;
もっとゆっくり味わいながら食べるべきだった。

¥870を、4口くらいで食べちゃった^^;
誰も見てないよね? 見られてなかったはず(笑)

だって・・・小ぶりだったしね。






立川 一六珈琲店_f0208112_23450468.jpg

こちらの写真もHPから

手作りケーキの他にもランチタイムには
自家製生パスタやリゾット、オープンサンド等々
美味しそうなメニューもあって、次回はkazuさんと
ランチで出掛けたいかな。
でも、正直ちょっとお高いかも^^;
デイリーで利用するには少しハードルも高いですね。

珈琲とクレープで¥1540
ちょっとしたランチが食べれちゃいますね。

ワタシは、あっという間に平らげて、ほんの20分足らずで
お店を出てきてしまいましたけど、ああいう雰囲気の喫茶店は
BGMに耳を傾けながら・・・やっぱり読書なのかなぁ(苦笑)




高校生の頃、時給400円で(安っ^^;)地元の喫茶店でアルバイトしてた事がありました。
当時も、確か珈琲一杯は、350円くらいしていたような記憶・・・それを考えたら約40年後の今
喫茶店の珈琲が680円しても不思議じゃないですね。でも、それこそ今はコンビニでも100円で
充分美味しい珈琲が飲めちゃう時代。 680円の珈琲と870円のデザートは、贅沢な時間と料金なのかも知れません。

もしまたひとりで行く事があったら、スマホは見ずに(苦笑)・・・読書?はしないなぁ、恐らく^^;
いやいや、あそこの雰囲気はやっぱり読書が似合う! 素直にそう思いました。
だからこそ、読書に慣れ親しんでいないワタシにはちょっぴり場違いのように感じたのかも。

でも、学生が参考書を広げ、飲み物一杯で何時間も居座っているチェーン店には無い雰囲気や
手作りの美味しいケーキ、珈琲の香りが漂う小さな店内、お待たせ致しました、とテーブルまで運ばれる珈琲
偶にはこういう時間もいいものです^^




by satomi-kazu | 2020-01-17 00:46 | 日常 | Comments(19)
2020年 01月 10日

続けるって大変、でもやっぱり楽しければ続けられる



昨年の秋ごろに、某旅ブログを見つけて愛読しています。
ウチが泊まったお宿も数件重なる事もあり興味深く見ていました。
なかなか正直なことをズバッ!っと書かれてる方で
読んでいても痛快で「そうそう!」って頷けることも多く
泊まったお宿の良いとこばかり書いてあるブログより、ずっと参考になったし
もちろん、その方が絶賛している良い部分にも共感出来ました。

今年になってその方が、新年の挨拶と共にちょっと気になることを書いていました。

「宿泊した宿のブログを書いてきましたが、飽きた!と思うようになってしまった」
「同じことの繰り返しで情熱が持てない」
「書き終わった宿のブログもアップする楽しさがなくなった」
「読んでほしいって気持ちが起きなくなった」
「楽しくて始めたのに、楽しく感じれなくなったら潮時かな」

自宅から数時間で行ける、興味のある地域の宿は行き尽くした感と
行ってみたい宿は沢山あるけど、自分好みの宿はそうそう見つからないだろうと。
そんな手詰まり感がブログを書く楽しみがなくなってるひとつかなと。


え~~辞めないで~って読んだ瞬間思いました。
けれど、なんとなくですがこの一文にも共感できる部分が
ワタシの中で少なからずあって・・・
ワタシもこの10年余りで、泊まった宿のレポートを書いてきて
「温泉宿ブログ」じゃない!って思いながらも、結局のところ
書いている多くは何処に行った!泊まった!良かった!イマイチだった!
そんなことが殆どです。
とはいえ、事細かく温泉宿紹介本ばりに詳細に記事に出来るほどの
文才もないので、なんか・・・あたしって何をするにも
中途半端でやってきてるんだよなぁ(苦笑)って
改めて自分の性格?性分?みたいなのに気づかされたり。

某ブログの方に戻りますが、温泉宿に泊まるのは飽きてないから
これからも行きますが、宿の部屋、風呂、食事など
そういう細かい事は止めにして違う形に移行していくかも・・・
みたいなことで締めくくっていました。

どんな形でもいいので、長く続けて欲しいなって素直に思いました。

ブログを書くこと・・・
それが義務みたいになっていたら、それこそ本末転倒。
私自身は今のところ、義務なんて思って書いていないし
泊まった宿のレポートは記録として残していくつもりでいます。
それと、こんなことを書いたら、いい歳して気色悪っ!って
思われるかもですが、宿の写真や旅先の写真、食事の写真等々
こんな風にブログにアップして後から見るのを、何よりもkazuさんが
楽しみにしてくれているので、可能な限り続けたいなと。

それに~~^^
ブログを書き続けてきたお陰で、多くの皆さまと交友が出来て!
この場でホントにいろんな話題を共有しながら楽しくお喋り出来て!
自分が知らなかったことをたくさん知ることも^^
これって凄くないですか!!

というわけで、また中途半端な文才も無い(笑)
今日のブログになってますけど^^;

3月までに、予約したお宿の中で2軒は
夫婦別々で「行ってみたい宿Best5」の中から!!
今回は、10年後に振り返って行ってなかった~~^^;
ってならないように(笑)

続けるって大変、でもやっぱり楽しければ続けられる_f0208112_15294572.jpg




by satomi-kazu | 2020-01-10 15:35 | 日常 | Comments(30)
2020年 01月 02日

令和2年 今年もよろしくお願いいたします


2020年 新しい年がスタートしました。
年末年始 風が強い日もあったけれど
連日、好天に恵まれ、個人的には日々変わりない日常^^
洗濯もしっかり乾くし、水回りやレンジ、ガス台の掃除も
すごーくはかどりました^^

お雑煮は、関東風・・というか
千葉の実家風~^^;ごった煮です。
令和2年 今年もよろしくお願いいたします_f0208112_20481641.jpg


令和2年 今年もよろしくお願いいたします_f0208112_22470317.jpg

お節の重は、一段のみ
kazuさんが買って帰ってくれました。

京都の「たん熊」のだよ~って言うけど
知らないしね(苦笑)

全体的に味が濃い感じがしたけど
まぁ、そんなもんなのでしょうね。
一重でも底が深く、しっかりぎっしり
詰まってました、充分な量です、2人には。

さて、毎年、年末年始に思うことが有ります。
大したことじゃないんだけど、いつもこの時期に
必ずと言っていいほど「違うよねぇ~」って感じる事。

ちょっと覚書き^^;




令和2年 今年もよろしくお願いいたします_f0208112_22565335.jpg

年末年始見るテレビ番組が全く違います。
え? よくあること?でしょうか。

普段は、さほど感じないのです。
野球も大好きだし、連続ドラマ系も
刑事もの、病院もの等々、若い子の恋愛もの以外は
一緒に見ていられます。
もちろん、音楽関係の番組もユーミン含めて
ほぼ同じ感覚で見てられるのですが・・・

年末と正月は・・・違うんですよねぇ
まず、お笑い系! これはkazuさんは無知に近い(笑)
ワタシがひとりでガハハハ~っと笑っていても
「どこが面白いの?」って真顔で聞いてきます。
昨年のM-1 涙出るくらい大笑いしてたワタシの横で
絶対につまんなかったんでしょう。
「もう寝るね」と早々にリビングから退散^^;


令和2年 今年もよろしくお願いいたします_f0208112_23172656.jpg


それとこの手の音楽番組は、全く見ませんね、kazuさん。
ワタシは、年末紅白歌合戦見るより、断然こっちですよ!
テレ東でやってる「年忘れ にっぽんの歌」
演歌や、懐かしの昭和歌謡~~大好き♪

ユーミンも大好きだけど
いやいや・・やっぱり
日本人の心に響く演歌!!
年末のお楽しみのひとつなんです。

こういう懐かしい歌を唄ってくれる番組って
今は無いし、貴重だわぁ^^

夫婦って、一緒に暮らしてる時間が長ければ
長いほどいろんな事が似てくるっていいますよね。
食べ物の好き嫌いや、趣味なんかも。
顔も似てくるっていいますし(苦笑)

だけど、お笑い系で一緒に笑えるツボや、懐かしの昭和歌謡や
演歌を「良いねぇ~」って共有出来ることはこの先も無いな!と
年末年始にいっつも思うのです。




まあ何はともあれ
元旦に2人揃っていつもの神社に
初詣に行くことが出来て、昨年お願いしたことを見事に
叶えてくれた御礼をしてきました。

令和2年 今年もよろしくお願いいたします_f0208112_23343920.jpg
今年のおみくじ kazuさん大吉 ワタシ末吉^^
実り多き一年でありますように。

これと言って目標などありませんが
健康で、末永くブログも続けていけるように
日々ゆるゆると、無理せずにやっていきます。

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。
2020年 佳き日






by satomi-kazu | 2020-01-02 23:43 | 日常 | Comments(18)
2019年 12月 24日

Christmasが今年もやってくる♪



数年前までは、なんかねぇ
張り切ってXmasの準備もしたもんです^^;
今ではねぇ・・なんですかねぇ・・この怠慢ぶり(苦笑)
仕事帰りの街中、Xmasソングや、煌びやかな装飾
イルミネーションにも全く反応しなくなりました(爆笑)
Christmasが今年もやってくる♪_f0208112_11592659.jpg
あれれ~ 気合い入ったテーブル^^
そんな年もありました、写真残ってて良かった♪
Christmasが今年もやってくる♪_f0208112_12065204.jpg

Christmasが今年もやってくる♪_f0208112_12063722.jpg

ここ数年は、24日の夜だろうがなんだろうが^^;
なんの代わり映えしない普段とおんなじ食卓になりました。

今日は、ほんの少しXmasの雰囲気が懐かしくなり
古い写真を引っ張り出して、ブログ書いてます。

20代のころ・・バブル~~ブルブル^^真っただ中。
Xmasの夜、幕張のホテルを予約なんて至難の技でしたよ^^;
ひとり暮しの生活も、カツカツで苦しかったけど
思い返すと、怖いもの知らずの・・・20代だったなぁ

30代、バブルが弾けまくり(笑)それこそXmasどころじゃなかった。
家賃を払う為に必死に働いてた・・そんな毎日だったなぁ

30代後半でkazuさんと出会って、早17回?目位のXmas
ありゃ~ こんなプレゼントくれた年もあったのね・・っと(笑)
激しく遠い目(*´з`)   本日、帰宅時お気遣い無きよう(笑)

Christmasが今年もやってくる♪_f0208112_12440509.jpg













Merry Christmas♪
素敵な夜を!
Christmasが今年もやってくる♪_f0208112_13020963.jpg
今年のブログは、あと一回
My恒例の一年振り返りでEndにしまーす!





by satomi-kazu | 2019-12-24 13:09 | 日常 | Comments(16)
2019年 12月 16日

小田原懐石料理 円相


小田原懐石料理 円相_f0208112_20255611.jpg


師走・・人並みに、それなりに、忙しくしています^^;
っていうか12月って、本当に若い頃から好きじゃないわ。

温泉の予定も取れず、今年は11月の四万温泉でお終い。
来年の初湯! そして、2月には待望の苗場♪
そんなこんな楽しみに、この気忙しい年の瀬を
なんとか乗り切りましょう~(^^)v


とはいえ
kazuさんの誕生日をスルーするわけにはいかず^^;
行ってきました~ 小田原まで。

普段から、通勤で電車は利用してますが
温泉に出掛けていくのは殆ど車
いろんな電車に乗ったことって、あんまり無いんですよね。
なので、新宿から1時間半くらいの距離でも
初めて乗るロマンスカーにわくわく♪
見慣れない車窓が、すごく新鮮でした。

夕方6時の予約で、自宅を3時過ぎに出発
マンションに帰宅したのは、ちょうど夜の11時でした。





「小田原 懐石 円相」
多くのブロガーさんが記事にしてくれてあり
いつもはビストロ系の軽いフレンチが多い我が家ですが
偶には、本格的な「和食」でも・・・と思い、検索。
皆さんの評判も良く、さほど悩まずにすんなり決めたお店です。
小田原懐石料理 円相_f0208112_20443434.jpg

小田原懐石料理 円相_f0208112_20494841.jpg


写真は、カウンター席(6席だったかな?)
他に、4名が座れるテーブル席と
もうひとつ、個室になった小さなカウンター形式の席

この日は、カウンター席は6名の予約が入っていて
我が家は個室の部屋に案内されました。

料理に関しては、一皿一皿丁寧な説明を受けていますが
品書きも無いので、詳細に食材など此処に記するのは
到底無理なので(苦笑) 写真と少しの説明で。

まぁ・・何度も経験することは無いだろうな・・の
清水料金と、電車で遥々出掛けて行った諸々の感想^^;
そんな事を料理の写真と共に。



小田原懐石料理 円相_f0208112_21004945.jpg


案内された個室

完全予約制のお店、電話で予約を入れました。
夜のコースは、1万2千円、1万5千円、2万円とのこと
滅多に来ることないだろうしな・・・2万円にしとく?(苦笑)
なんて一瞬頭を過ぎったけど、一瞬だけ(笑)

「1万5千円でお願いします」

ひとりこんなにするコース料理なんて食べたこと無いから
もう~どんなもの食べさせてくれるんでしょ~って
ワクワクでした^^






店には30代前半くらいの若い男の子と、親方(男の子がそう呼んでいました)の2人  飲み物を聞いたり料理を運んできたのは、その男の子でした。
飲み物のメニューらしきものは無く、小市民は、生ビールが幾らするの? さっき頼んだ日本酒も?って(苦笑)多少気になりました^^;

小田原懐石料理 円相_f0208112_21011524.jpg
小田原懐石料理 円相_f0208112_21012564.jpg

















一品目、器が上品 ほんのり温かい。 写真見ると、白子とトリュフですね^^; 京都で修行された親方さんらしいです、出し汁がホントに上品なこと。
関東風の味付けに慣れてる舌には、最初はなんとなく物足りなさを感じるんだけど・・・ん~美味しかった、これ! 飲み干してしまった。

小田原懐石料理 円相_f0208112_21181896.jpg小田原懐石料理 円相_f0208112_21183152.jpg

















2品目 
「本日は先付けをもう一品お持ちしました。今が旬の香箱蟹です」
個人的には、これが一番感動&美味しい~って思えた一品でした。
小田原懐石料理 円相_f0208112_23530965.jpg
自家製だと思うのですが、甘酢の塩梅が絶妙で、身をキレイに食べ終わってから
甘酢を甲羅に浸して残った蟹味噌を堪能しました^^
小田原懐石料理 円相_f0208112_23563516.jpg

3品目は椀物 これは・・食材も覚えていません(苦笑)写真を見てもわかんない^^; 出汁の味も、ワタシには薄過ぎました。
味が薄かったなぁ・・・の記憶しか残っていない一品です。 この辺から、B級舌の本領発揮と言えるかも(苦笑)

小田原懐石料理 円相_f0208112_00111163.jpg
小田原懐石料理 円相_f0208112_00242999.jpg


















4品目 お造り 2品とも白身魚でした。
右は、ほうぼう、何とかっていう出汁に漬けたもの。
左の器はカワハギ、上に乗っているのはあん肝
正直に書くと・・お造りはイマイチでした。
ワタシの好みではありませんでしたので、残してます。
このあたりから、なんとなく自分たちの舌はB級なんだなと。
小田原懐石料理 円相_f0208112_20342919.jpg

小田原懐石料理 円相_f0208112_20451110.jpg


「日本酒のリストみたいなものは有りませんか?」
と、kazuさん。

「メニューは無いのですが、黒龍でしたら20種類は
揃ってます、親方も私も好きな日本酒でして」
「二左衛門も石田屋もございます」と。

高級志向のお酒です・・・

自称日本酒オタクのkazuさん
「磯は無いんですか?」(静岡のお酒、磯自慢のこと)
「磯自慢は・・置いていないです。
ああいう甘いお酒は、親方の料理に合わないんですよねぇ」と。

料理に合ったお酒、店の料理人が好むお酒
そういわれてしまうと、はい!それまでよ・・・
なんですよね。
なんとなく、残念な気持ちになりました。

リアルタイムで、今キムタク主演の、ドラマ
「グランメゾンTOKYO」が思い浮かびました。

「お客様が何を望んでいるのか、どうしたらお客様に
喜んでいただけるか、3つ星を取ることよりも大切なこと」
そんなような台詞・・・有ったように思います。



5品目 綺麗な色どりと盛り付けに、わぁ~っとなりました。
説明してくれたんですけど、既に忘却の彼方です^^;
簡単でもいいので、お品書きはやっぱり欲しかったかなと。
小田原懐石料理 円相_f0208112_21394344.jpg
お恥ずかしながら、生まれて初めて「からすみ」という物を食べました。 こういう食べ物だとは思わなかった(苦笑)
ねっとりとして、何とも言えず美味♪ これはっ!本当に日本酒に合いますねぇ。ワタシは新潟のお酒〆張鶴 kazuさんは静岡のお酒磯自慢で
グビッとやりながら食べたかったなぁ・・・

小田原懐石料理 円相_f0208112_21425003.jpg
小田原懐石料理 円相_f0208112_21430507.jpg

















小田原懐石料理 円相_f0208112_21525621.jpg
6品目 焼き物は「鰆」だったと思います。
小田原懐石料理 円相_f0208112_21545557.jpg
7品目 ムール貝と野菜の煮物
出し汁は、相変わらず上品な薄味
「きっと、こういうのが高級和食なんだよねっ!」と。
料理番組で食レポするタレントみたいに気の利いた言葉が
全く思い浮かばず(苦笑)
自分はB級舌だと確信した瞬間
小田原懐石料理 円相_f0208112_21574910.jpg
8品目 揚げた里芋と白身魚(鱚・キス)
kazuさん大好物の鱚 美味しい!ってニコニコでした。
小田原懐石料理 円相_f0208112_22053549.jpg
9品目 食事   なんとか?地鶏の炊き込みご飯
鯖の出汁でとった、かきたま汁 赤出汁が出るだろうと思っていたので
少し驚きました、変化球だった~~^^;
小田原懐石料理 円相_f0208112_22100461.jpg
10品目 デザート
葛餅のように見える左のは・・なんだったんだろう?
真面目に思い出せない(苦笑) 黒蜜かかっているし、やっぱり葛餅?
右の苺のゼリー寄せは、カスタードのクリームが掛かって美味♪
小田原懐石料理 円相_f0208112_22155708.jpg

小田原懐石料理 円相_f0208112_22200663.jpg

お会計は、生ビールと黒龍純米酒を入れて
3万7千円ほど。
交通費も併せて、ふたりで4万円の小田原への食旅。
特別な記念日じゃなければ、そうそう行けません。

親方さんは、伊豆の温泉宿「お宿 うち山」の初代料理長
此処小田原に独立する直前のお宿は、湯河原「石葉」料理長

どちらのお宿にも、我が家は泊まったことがありませんが
@35000~の高級宿です。

率直な感想は・・・
上品で手の込んだ、料理人の気概さえ伝わってくるような
料理の数々。 どこか背筋を伸ばして頂かないと申し訳ないような
そんな気持ちにもなる2時間と少しの時間。
慣れないことはするもんじゃないな・・・田舎者の庶民は
ちょっとそんな風に思ってしまいました。


小田原懐石料理 円相_f0208112_22340786.jpg
「あれくらいの料金だったら、やっぱりお酒は、いろんな種類を置いてほしかったよね」
「料理人好みの銘柄ばかりじゃ選択肢がなくて不親切のような気がするよ」

サラリーマンになっていなかったら、酒屋になりたかったkazuさん(苦笑)
結構辛口でありました^^;

誕生日&快気祝いを兼ねたゴージャス食旅 お終い。





by satomi-kazu | 2019-12-16 22:44 | そとご飯 | Comments(24)
2019年 12月 07日

あれから一年


あれから一年_f0208112_23565941.jpg

写真は去年のkazuさん誕生日、還暦祝いも兼ねて
いつもの宿にて・・・

美味しい料理と暖かいおもてなしで祝った数日後に
kazuさんの病が発覚。 あれから、一年
61歳の誕生日を無事に迎えられたことに改めて
想いを馳せた今日という日。

2019年、年末振り返りでも書き残す出来事だけど
今日は、少しこの一年間を振り返って
主治医の顔や言葉、kazuさんの表情や、ソファで佇む
不安げで悲しそうな後ろ姿
そして、何と言ってもブログ主のワタシが(苦笑)
どんな気持ちで過ごしてきた一年だったか・・・
備忘録です。 コメント欄は閉じさせてください。

PC画面の向こう側で、読んでくださる皆さんを思い浮かべながら。




あれから一年_f0208112_11592640.jpg


少し前に、NHKの「クローズアップ現代」という番組を見た。
「現代世代のがん治療 魔の不安定期間をどう乗り越える?」
というタイトルだった。

がんと告げられた後、適応障害やうつ病を発症し
治療に影響が出るケースが多発している事例が増えている。
医師たちは、心が不安定になる告知後の「魔の不安定期間」の
過ごし方で、その後が大きく変わると指摘。

そんな内容の番組でした。
ワタシは、録画をしてじっくり見たけれど
kazuさんは、さほど興味も示さず他の事してたかな。

何組かの実際にがん告知された人をドキュメンタリータッチで
取材し、その都度インタビューに応えたり、医者との診察風景も
映し出していて本当にリアルな世界だった。

沢山編集されているだろうから、実際の患者さんが
自宅に帰ってひとりで思い悩んでいる姿は、見て取ることが出来ない。
これはもう・・本当に同じ思いを経験した者でないと解らない現実。

告知されてから、ある程度の治療方針やもっと詳しい検査結果などが
解るまでの期間(我が家の例だと、約1ヶ月間)が、本当にしんどかった。
魔の不安定期間・・なんて上手い事表現するなぁって(苦笑)
今だからこうして書けるけど・・・ そう、あの期間・・・キツカッタよね。



あれから一年_f0208112_12182286.jpg


一年経った今、思い返せば入院治療が始まった時期よりも
この「魔の不安定期間」が一番辛かったなぁと、ワタシ。

kazuさんはどうだったろう?
しんどい治療中は当然身体がキツカッタだろうし
どんな事を考えながら、毎晩病室の天井を眺めていたのかな。

「誕生日おめでとう!あれから一年、無事に誕生日を
迎えられて本当に良かった!これからも長生きしてね」とライン送信

「レモンからステージ4って言われた時はビビった・・・
(余談・担当医師がLemonの米津玄師に似てて^^;勝手にあだ名)
無事に乗り越えられたのはsatomiさんのお陰」と返信がきた。

職場の昼休憩だったけど、少し泣いた。



あれから一年_f0208112_12320190.jpg


61th 62th 63th・・・とこの先もkazuさんの
誕生日が来るたびに、2019年の闘病時期を
ふたりで懐かしく思い返すだろう。

病名がハッキリとしない時に、レモンが放った言葉
「多分・・悪性リンパ腫じゃないかと、まだ決定ではないですが」
確定したわけじゃないのに、そんな恐ろしい病名・・・
言ってくれるなよぉ~~って、今だから言える(苦笑)

最終判定の病名は、B型細胞系の白血病と診断されたんだけど
なんだろ・・今でも、あの悪性リンパ腫って言葉は頭を何かで
割られたような・・・とてつもない衝撃で、ワタシでさえ
普通な感情で生活出来てたかな?って今でも思うのに
当事者のkazuさんの心情は、どれほどだったのかと。

本当に・・よく頑張りました! ありがとう!生きててくれて。



12月は、予定が取れずお祝いを兼ねた温泉旅もナッシング
その代わりに、憧れの和食やさんまでロマンスカーに乗って^^

年の瀬・・寒さも本格的にやってきました。
皆さまも体調管理万全で、風邪などひかれませんように。





旅・おでかけ部門に応募いたします。




by satomi-kazu | 2019-12-07 12:53 | 日常
2019年 10月 12日

台風19号



台風19号_f0208112_21531113.jpg

自分が生きてる間に、こんなに大型の台風を
また経験する事あるんでしょうかね?

それほど大型で危険な台風が、今この時間
東京の上空を通過しています。

先月の台風15号で大きな被害があった
ワタシの故郷千葉県でも再びの停電。
どうしたって、自然の猛威には勝てないのだなと。

週末の東京渋谷の交差点、誰一人歩いていない様子を
目にすると、本当にもの凄い台風が直撃しているんだなと
実感します。

新幹線や在来線各社が、早々に運休計画をしてくれたこと
多くの企業(特にデパートやスーパー、コンビニ等々)が
営業しないと決めてくれたこと、いろんな考えや意見もあるだろうけど
災害大国、日本のこれから先の指針になってくれると思いました。


実家の千葉も気がかりです、友人宅また停電しているかも・・・
暴風でまた眠れないと、高齢の母も心配です。

2019年 10月12日 数十年に一度あるか無いかの
大型で危険な台風19号が関東直撃の夜






by satomi-kazu | 2019-10-12 22:22 | 日常
2019年 10月 06日

180/110


9月中でCS放送を解約しようと思っていたけど
なんだか、あれよあれよと・・・6連勝なんかしちゃって^^;
クライマックスシーズンに突入したタイガース
引退表明したメッセや高橋聡文投手、そして横田選手への
想いを胸に力を振り絞って頑張ってるなぁ・・と
感動しながら昨日のファーストステージ大逆転勝利を
この目に焼き付けました。

7-1 このスコアになって、あきらめムードでテレビを消し
家の中のことゴソゴソやって、それでも気になって再度ポチッと。
7-5!!!になってるじゃあーりませんか^^
そこからは、一瞬たりともテレビから離れずに最後まで観戦
結果・・7-8 阪神タイガース奇跡の大逆転勝利ですよ~
最後まであきらめちゃダメなんだよ、ちゃんと応援しないと!ワタシ(笑)
180/110_f0208112_12581951.png

180/110_f0208112_12591961.jpg

そして、180/110
ワタシの血圧です、上が180で下が110

今どきの若い子風に・・・
ちょっとヤバいです(苦笑)

って笑えない状況

血圧が高過ぎで、ついに薬を処方されて
毎朝、毎晩、測定し管理するよう指示されて
しまいました。

血圧の薬って、飲み始めたら一生涯?飲み続けないと
ダメ?とか、いろんな事を耳にしてて、なんとなく
飲まずにきて、この先も飲みたくないって思ってました。

それが先週、朝ベッドから起き、立ち上がろとしたら
ものすごいフラツキで、天井がグルグル廻って・・・
同時に頭痛もひどく、一瞬・・・ヤダ・・死んじゃうかも?
って本気で思いました。 割と冷静な自分がいて
タクシー呼んで総合病院の救急に行きました。



更年期の症状とか、三半規管とか、脳の病気とか・・・
様々な原因が考えられるみたいで、週明けMRI検査です(トホホ)
一番苦手な検査です・・狭いのダメなんです。
まぁでも苦手とか言ってる場合じゃなく、こんなに血圧高いと
いろんな病気になるリスクがグーンと上がってしまうそうで。

自分で予防出来ることはしながら、薬に頼れるところは頼って
身体のメンテナンスをしていかなくちゃダメだなぁって。
50年以上経てば身体のあちこちにガタがきて、シグナルを送ってくれてます。
朝の立ち眩みと、高血圧、自分の身体が発したサインを見逃さず。

kazuさんがようやく落ち着いてきたと思ったら
今度はアタシ?(苦笑) 次から次へと
まぁ・・・いろいろ用意してくれますね、神様は^^;

同年代の皆さま、そうでない若い皆さまも^^;
同じような症状など過去にあったよ~とか
何か、参考にさせて頂けそうなことあれば
コメント頂けると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。 180/110より(苦笑)



by satomi-kazu | 2019-10-06 13:44 | 日常 | Comments(23)
2019年 07月 29日

アクアライン走って鯵フライ


アクアライン走って鯵フライ_f0208112_23274503.jpg


時計の時刻は5時46分

早朝の中央道です。
これから、千葉の富津金谷まで・・・

「黄金のあじフライ」
食べに向かってます。

帰ってきながら思ったのは
「よくもまぁ・・・
朝早くから、アジフライの為だけに
出掛けて行ったものだなぁ」と。

並びたくないが為に早朝出発したけど
一度で充分(笑)
行程も、店の雰囲気も、味も。
ミーハーで、まだまだ若いつもりの自分に
失笑気味で、帰宅しました。

それでも
「ふっくらして美味しかったよ」と
kazuさんが言ったので
ブログには残します(苦笑)




アクアライン走って鯵フライ_f0208112_15403692.jpg

始まりは、かなり以前のこの番組^^;
「孤独のグルメ」で俳優の松重さんが
本当に美味しそうに、アジフライを
食べてたものだから・・・

撮影されたお店は、「はまべ」

ウチが今回行ったのは
「さすけ食堂」

どちらの2店も、アジフライ定食が食べれる
有名店です。

タルタルが置いてあったのは、やっぱり
「はまべ」さんの方でした(苦笑) 残念っ^^



退院後の初ドライブ、kazuさんの気分転換も兼ねてと思えば・・まぁね^^; レインボーブリッジを閉鎖せよ!に入ります。
時刻はまだ6時半過ぎ、東京の空の下だけど心なしか空気もまだ澄んでいる感じ。 一路千葉県へ!!

アクアライン走って鯵フライ_f0208112_23280242.jpg
アクアライン走って鯵フライ_f0208112_23281486.jpg


















アクアラインは、何十年振りかなぁ・・
もう忘却の彼方だったけど、当時はもの凄く高い通行料金支払いましたね。
アクアライン走って鯵フライ_f0208112_23282485.jpg
この時点でまだ朝8時を回った頃だったので
海ほたるの中のショップは、開いていませんでした。
それにしても、今更・・というか完全な無知な感覚で書きますが
海の中にトンネル造って道路にしちゃうって・・・
人間って、本当になんでもやっちゃうんですね。
半端ない技術だと思いません? ワタシだけ?(笑)
アクアライン走って鯵フライ_f0208112_23283597.jpg

アクアライン走って鯵フライ_f0208112_23285870.jpg

さて、目的地の浜金谷に着いたのは
午前9時少し前

見過ごしてしまうような小さなお店が
国道沿いに建っていました。

お店の開店は、午前10時
まだ、誰もいませんでした。
少し拍子抜け?したけど、この後
周辺の海岸沿いを走って浜に出て
時間つぶしをして戻った頃には
大勢の人が、店の前に・・・

笑い止まらないだろうなぁ・・と
下世話な庶民は思いました^^;



アクアライン走って鯵フライ_f0208112_16360033.jpg


店の前の駐車場は
10台も止めれば満車状態
あの大勢の人達・・
車はどうしたんだろう?

近くに立体駐車場とか有ったのかな?
それは確認していません。










アクアライン走って鯵フライ_f0208112_23284766.jpg


店の前に置かれてあった記帳ボード

ウチは2番目に名前を書きました。
開店と同時に、お店に入れるって事ですね。

時間を潰して戻ってから見ると
既に30番辺りまでビッシリと名前が
書かれてありました。

恐るべし! 

さすけ!!





アクアライン走って鯵フライ_f0208112_23300975.jpg


年季の入ったメニューが三冊ほどありました。

店内に入ってから注文するのではなく
予め、名前を書いた順番で何を注文するか
お店のオバちゃんに聞かれます。

お店で働いている方達は全員が女性で
年齢は高め^^;
おそらく店主であろうリーダー恪の女性が
調理を殆ど行っていました。
あとの数人の女性は、配膳準備や、小鉢への盛り付け
ご飯やお味噌汁をよそったりしていました。

店内は、カウンター席(10席くらいだったかな?)と
奥に座敷が一間あったと思います。



アクアライン走って鯵フライ_f0208112_16362885.jpg

さすけ定食とカジメらーめん半フライセットを注文。

10時少し前に店内に通され、行儀よく?
カウンターに並びます。
隣の席が近いので、窮屈感は否めません。

皆さん、おとなしく・・じっと無駄話もせず
料理が来るのを待ちます。
お店の女性陣の接客、決して悪い訳じゃないんだけど
なんでしょうか・・なんとなく居心地の悪さを感じました。
(あくまで個人的感想)
言い方あれですが「待て!」されてるワンコの気分です。
カウンターに目をやると「料理の写真は撮ってもいいですが
店内や人は撮影しないで」の注意書きがありました。
ワタシもしっかり料理の写真は撮ったので、云えた義理じゃありませんが
これだけ有名になっちゃうと、色々・・・大変ですね。
「人は撮らないで」は、充分理解しました。



さすけ定食  お刺身3点盛りと小鉢、冷ややっこなどが先に。
目の前で、リーダー恪女性が大きな鍋でアジを揚げています。
アクアライン走って鯵フライ_f0208112_16364795.jpg
アジフライは3つ 思ったよりも小ぶりに感じました。
アクアライン走って鯵フライ_f0208112_16372540.jpg
残念ながらタルタルソースは無く、中濃ソースをかけて食べます。
薄く開いた形で、尻尾付きのアジフライしか知らないkazuさんは
ぶ厚い身に、何気に感動したようす^^;
アクアライン走って鯵フライ_f0208112_16373516.jpg
カジメらーめん
激薄味の(苦笑)らーめんでした。
正直、スープの味は・・ムムム(苦笑)まぁ塩味ねって感じです。
アクアライン走って鯵フライ_f0208112_16375159.jpg

アクアライン走って鯵フライ_f0208112_16380122.jpg

最後に感想
メディアなどで紹介されるお店には
自分が食べてみたいと食指をそそられたら
是非行ってみたい!と思うものです。

が・・一回来ればそれで満足しちゃう経験が
少なくないです(苦笑)

今回のアジフライ、わざわざ早朝に高速料金支払って
来るのは、最初で最後だと思います。

まぁそれでもkazuさんは「ふわふわで美味しかったよ」
と、帰りの車の中でも言ってました(苦笑)

千葉県銚子の生まれ育ちで、小さい頃から食卓には
いっつも魚ばっかりだったワタシにとっては・・・(笑)
な、アジフライ遠征でした^^;


房総半島側から見える富士山  
外房の海岸や、伊豆の海とはまた違った風景
アクアライン走って鯵フライ_f0208112_23292273.jpg
帰りは金谷港から東京湾フェリーで
アクアライン走って鯵フライ_f0208112_23293981.jpg
海きれいだった。
アクアライン走って鯵フライ_f0208112_17403649.jpg


アクアライン走って鯵フライ_f0208112_17394447.jpg

治療後少し痩せたkazuさんですが
元気に出かけられるようになってなにより。
長々とアジフライ遠征引っ張りました(苦笑)
次回は、温泉記書きたいですね^^

アクアライン走って鯵フライ_f0208112_17401080.jpg


















by satomi-kazu | 2019-07-29 00:01 | 日常 | Comments(33)
2019年 07月 23日

2年振りの職場転勤とウナギ


2年振りの職場転勤とウナギ_f0208112_15525278.jpg


今年の土用丑の日はいつかな?

お店がいっぱいで入れないのは嫌なので
ウチは少し早めに出掛けてきました。

自宅からバスで10分程の場所にある
「信川円」さん

ウナギ~ 久しぶり~^^








2年振りの職場転勤とウナギ_f0208112_15530842.jpg


「い・ろ・は」で設定された
品書きが昔っぽくて、いい感じ。

こうしてみると、やっぱりお安くは無いですねぇ
外食でしょっちゅう来れる金額じゃないけど
暫くは、kazuさん退院祝いの名目で(笑)
いろいろ食べに出掛けてきたいですね^^

うな重の料金は、蒲焼の枚数です。

「ろ」2枚と、「は」3枚を注文





きも焼きや、鰯の酢漬けなどつまみながら、ウナギの到着を待ちます^^  kazuさんの食欲は、以前とほぼ変わらずで
ワタシとしてはそこが一番ホッとしているし、一緒に美味しい物を食べれるのが何よりです。

2年振りの職場転勤とウナギ_f0208112_15530111.jpg2年振りの職場転勤とウナギ_f0208112_15533058.jpg

















2年振りの職場転勤とウナギ_f0208112_15531775.jpg

ぬか漬けも美味

入院中には、なかなか話せていなかったワタシの仕事の話をしました。
kazuさん入院当初から、会社にお願いしてきた転勤要請が
7月からようやく叶いました。
今の仕事・・自分でもビックリの10年勤務、数年ごとに転勤がある
職場なのですが、この2年間はとにかく自宅から遠い支店でした。
片道50分・・・朝の中央線上り電車の混みようと言ったら・・・
地獄ですよ(苦笑)以前にも、通勤のキツサをブログで書きましたけど。

直属の上司に、自宅から近い支店への異動をずっとお願いし
今回は、kazuさん入院、治療という名分も相まってお願いし易くなって
だいぶ近い職場への転勤が叶いました。
直属上司の「定年まで、長く勤めてもらいたいから、私も上に強く言いました」の
言葉も、有難く受け止めました。



kazuさんの「は」到着~(笑) 美味しそう~
再度記載するのもなんですが^^;
5320円也~
2年振りの職場転勤とウナギ_f0208112_15534843.jpg

2年振りの職場転勤とウナギ_f0208112_15534024.jpg

ワタシの「ろ」 3630円
やはり・・・隙間が(苦笑)白米がしっかり見えてます^^;

いや~でも、とっても美味しかった♪ しっかり厚みもあった身は
ふっくらして、クチにほおばった瞬間に思わず笑みがこぼれます。
無事に退院出来た喜びを噛みしめながら、暫くは
ちょっぴり贅沢外食が続くかな^^; 続かせて~

パートとは言え、職場への通勤に加え、病院への通いが重なって
ワタシもなんか疲れ切って寝込んじゃうかも?
そんな時も正直あったもんねぇ・・・しんどいし仕事辞めちゃうか?
って、少し短絡的に考えたこともあったし。

でも、ここ数年は感情的に思ったことをすぐに行動に移さない!って
自分の中で、「待てよ!」って考えられるようになりました。

なんかsatomiさん、成長したじゃんねぇ(笑)



退院祝い外食 第一弾(笑)美味しかった~ ごちそうさまでした^^





by satomi-kazu | 2019-07-23 17:00 | 日常 | Comments(22)