人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:立ち寄り湯 ( 26 ) タグの人気記事


2010年 09月 27日

仙石原立ち寄り湯


f0208112_23332653.jpg

浮気しないで、何度か行ってるあっちの立ち寄りにしときゃ良かったね~ 

ん~~ここも悪くは無いんだけどね・・・

箱根仙石原  数年前にリニューアルしたらしい 全33室の中規模な温泉ホテル?なんだろうな
f0208112_23293492.jpg

広々ロビーもシックでお洒落な雰囲気  宿泊は15000円くらいから
f0208112_2337558.jpg

この周辺には立ち寄り湯がとても多い・・・だけど、貸切で入れるお風呂を探すとものすごーく限られちゃう、最近はやっぱり貸し切りが必須条件になっちゃった、あたし
f0208112_2337186.jpg

貸し切り風呂は全部で3つ 宿泊者も2000円の有料システム  外来者は1時間3250円 ん~箱根だから仕方ないのかな?でもちょっと高いよね^^;
f0208112_23455161.jpg

3つのお風呂、2つが陶器 (正直あんまり好きじゃないタイプ^^;) 唯一木枠のお風呂は先客ありで残念、ちなみに木枠の方は1時間4000円!ムムム・・・
f0208112_23503028.jpg

入浴目線 竹林が広がってました  雨降りだったので木々の匂いが青々しくてなかなか良かった
f0208112_23544233.jpg

ただね・・・ やっぱり狭かった、深さがあるからかろうじて二人一緒に湯船には浸かれるけど足はもちろん延ばせないし、どっちかが陶器の淵に腰掛けないとゆったり浸かれない
f0208112_23563119.jpg

白濁のお湯は源泉の温度が高く加水有りだった、だからなのか?お湯の色は白濁っていうより灰色?^^; 匂いもそんなにキツクない硫黄の香り
f0208112_01159.jpg

旦那浸かるの図・・・やっぱりひとり用だよね、このお風呂(泣) 旦那は細いけど・・・私がエイっ!って入ると、湯船から大量のお湯が流れ出ちゃう・・・
f0208112_04370.jpg

でも、7月の奥日光、会津から約2か月ぶりの温泉  湯上りにほんのりと肌に残った硫黄の香りが心地いい・・・ 

まだおっぱいが2つちゃんとあった頃は 大浴場に入るのが普通、そこで見ず知らずの人から話しかけられるのが、超苦手だった

共通の話題が有るわけもなく、ただお愛想笑いして合槌打つのがせきのやま・・・そういうのが嫌だった

今でもその感じは変わってないけど、身体の変化で、貸し切り風呂や部屋付き風呂が有る宿が断然多くなって、見ず知らずの人と愛想笑いする必要が無くなった

身体の変化が無かったら、今もきっと大浴場だけの温泉宿だったかも?というより、こんなに温泉に行くことも絶対に無かっただろう

ずっと二人で、こうして温泉巡りしたいね、帰路の車中はいつもこんな会話   さぁて来月はマダムの手料理^^

by satomi-kazu | 2010-09-27 00:48 | 日常
2010年 09月 18日

箱根白濁 日帰り

f0208112_11385967.jpg
f0208112_11391938.jpg
f0208112_1139481.jpg
f0208112_11405213.jpg
f0208112_11411162.jpg


by satomi-kazu | 2010-09-18 11:43 | 日常
2010年 05月 16日

一期一会

季節外れの大雪になった3月末・・・さらの木に宿泊した翌日の伊豆高原は それはそれは寒かった・・・それでもちょっと観光して、立ち寄り湯に
浸かって・・・なんて欲張ったものだから復路は大渋滞&雪の為通行止めも出る始末007.gif 写真はまだ雪の降る前の大室山

f0208112_13331951.jpgf0208112_13334473.jpg

リフトに揺られること約5分・・・・寒くて寒くて飛び降りたくなった007.gif お釜のように真ん中がへこんでいる大室山  それにしても寒過ぎっ

f0208112_13355425.jpgf0208112_13361377.jpg

山頂は信じられないほどの寒さだったけど、山の周囲をグルっと一周しながらの伊豆市外の眺めはなかなか楽しめた 晴れの日にリベンジしたい!

f0208112_13385144.jpgf0208112_13391130.jpg


f0208112_13434768.jpg
大室山を後にして 私達が向かったのが 
このお宿

伊豆高原  花吹雪

ネットで日帰り入浴を調べて
良さ気だったので選んだ

60分の貸し切り ひとり1500円


f0208112_13455055.jpg
  上の写真の 暖簾とこっちの暖簾・・・

  色が違うの解りますか? 
  入り口が2箇所?もっとあるのかな・・・

  とにかく解りずらい建物&敷地で

  まず最初の印象がガッカリな宿だった

  入り口に迷った私達が入った場所は同じ宿が
  経営している会員制の棟 

  ロビーラウンジみたいな場所に会員らしき人物が
  スタッフと親しげに会話していた


f0208112_13502135.jpg
「すみませ~ん」と何度か問いかけるが、そのスタッフは完全無視 え?マジ?無視ですか!? 

めげない私は別のスタッフ来るまで呼び続けます 「すみませーーーん!!!」やっと奥から出てきた若い男のスタッフ 

私  「立ち寄り湯に入りたいのですが」 
スタッフ 「入り口が違います、こちらは会員制の・・・」と話し出した

あ~~ お風呂入る前からこれかよ・・・

この宿 とにかく敷地が広い

宿泊客もこんなに広くちゃ迷うだろうなぁ


f0208112_145564.jpg
促された別の入り口のロビーで、立ち寄り湯の場所と説明を受ける 剃刀セットや歯ブラシ、シャワーキャップ・・そういうのも一人ワンセットづつくれた

小さなタオル、バスタオルはお風呂に設置してあるのでご自由に・・とのこと

淡々と説明を受ける・・・

宿泊では無い、日帰り入浴客かぁ・・・

そんな雰囲気が宿のスタッフ全体から感じ取れてしまった

ん~~ 
惜しいなぁこの宿 お湯が抜群だっただけに・・・・


説明受けた通り、タオル類は沢山あって快適 露天の隅に洗い場もちゃんとあって、シャンプー類も
温泉宿に有りがちなメーカーの物ではなくて、拘りを感じたんだけどね~~

f0208112_14171464.jpgf0208112_14174026.jpg


f0208112_14231757.jpg
お風呂です
無色透明のお湯のキレイなこと・・・

一期一会と題したこの記事だけど
宿って特にそうだと思うんですよね

もうこれっきり会えないお客さんかも知れない
(再訪してくれたら別だけど) 

この一度の出会いが最後かも知れないと思えば、お客さんへの対応も変わってくるんじゃないかと・・・

ましてや接客業ですからね、笑顔や丁寧な対処は当たり前だと思う

そういうのが嫌なら接客業を選んで欲しくない!と強く思うのです


f0208112_14325138.jpg
え? 偉そうなこと言って自分はどうなの?ってか037.gif 

いやぁ・・私は 「satomiさんの外面の良さは天下一品」と旦那も認めてるように、心の中でクッソー!!って思ってもニヤニヤニコニコ(爆) 

まっそれも最初だけですが・・・相手の人と成りが解って自分と合わないなって思ったら、結構冷たい

だけど、最近その外面の良さも影をひそめているかも・・・年取ると、なんだか無性にちっさな事にも

イライラ・・・しません?皆さん023.gif


f0208112_14443334.jpg
大人3、4人は余裕で浸かれる湯船です

私の大好きな熱っついお湯

熱いのが苦手な人はちょっと?かな

60度以上あるので、加水しながら入ります

個人的に お風呂の外枠が木製で湯船が

石造りのお風呂って大好きなので

ここ花吹雪のお風呂は大満足でした


f0208112_14491041.jpg
ジャバジャバと・・・

勿体無いくらいお湯が溢れて輝いてます

さっきの会員制棟のいけてないスタッフや

宿泊棟ロビーでの素っ気無い対応の
スタッフの事も

まぁいいっか・・・と思えたり037.gif

(ほんとか?^^)

カラスの行水だった私が たっぷり1時間お湯に浸かる・・・


f0208112_14574815.jpg
普段から夫婦の会話は少なくは無いが、こうして温泉にくるといつも以上に会話が弾む

あーだ!こーだ!そーだ!やだーーー^^; 

って言うのはもっぱら私ですがね

隣で穏やかに笑ってるだけです我が夫

でもそれでいいのかなって思ってます

「あの会員制棟の若いの!あったまくるよね!!お客さんを区別しちゃってさ!」 
プンプン022.gif

「そうだね~」 ニコニコ045.gif


伊豆高原の日帰り入浴 貸し切り出来るので お薦めです! スタッフは・・・・014.gif

by satomi-kazu | 2010-05-16 15:12 | 旅全般  立寄り湯など | Comments(20)
2010年 03月 13日

日帰り白濁の湯

春の雪が降った冷たく寒い3月初旬に、ドライブがてら箱根の温泉に日帰りで入浴しに行った・・・
f0208112_15455720.jpg

車窓からの視界も悪く、東富士五湖道路は速度規制だった
f0208112_15485289.jpg

仙石原に着き、高級旅館の「仙郷楼」さん・・・・を、通り過ぎ037.gif   予約してあった富士箱根ゲストハウスに到着

f0208112_15511537.jpgf0208112_15513139.jpg

外国人観光客が多い、全14室の民宿 泊りでの夕飯は出ないが朝食付きで@5000程度
f0208112_15561757.jpg

英語圏の外人さんばかりでは無さそう・・・アジアからのお客さんも来るようだ・・・注意書きに中国語も

f0208112_15583486.jpgf0208112_15584852.jpg


f0208112_161672.jpg
宿泊者は無料で入れる

貸し切り露天風呂 

日帰り入浴は電話で予約 

1時間利用で@1050

「白くて濁ってるお湯に入りたい」

そんな私の要望で旦那が探して
くれたお風呂

大涌谷から引湯している掛け流し
なので色も匂いも・・・・

ジャンキーさん、鼻曲がってるかな
(↑ ヒヒヒッ037.gif


f0208112_1631883.jpg
感じのいい若い女性スタッフが

42℃くらいの丁度いいお湯加減です!
どうぞごゆっくり・・・・と。

春の雪を被った木々の下

外気温が低いのでお湯の暖か味が

本当に嬉しかった

サササッ~っと素早くお湯に浸かった
旦那 (早っ005.gif


f0208112_16113455.jpg
最近・・・歳のせいか?

疲れが溜まっているのか?

お疲れモードだった私を気遣って

往復の運転をしてくれた旦那 

湯上りのビールもきっと呑みたかったに
違いない・・・

温泉に行った時は大概 私が帰りの

運転をするのが慣例なので

往復の運転、ありがとね


f0208112_16182831.jpg
入り口脇にシャワーブースもあるので

身体を洗ってからのんびり1時間 

白濁のお湯を堪能させて貰った

箱根は宿泊料金が高めで

なかなかお泊りは実現しないけど

2時間程のドライブを楽しみながら

こうして掛け流しの白濁の湯に

浸かれるので、これからも頻繁に

出向いてくるかな・・・・


f0208112_1630273.jpg
日帰り入浴施設って探せばそりゃぁ

いっぱいあるんだけれど如何せん

貸し切りで入れるってのを基準に探すと
グッと数が減る・・・料金も高め

手頃な料金で貸し切りに出来た
この富士箱根ゲストハウスは

ナイス♪


幸せ~の足^^


また来たいね(^^)v

by satomi-kazu | 2010-03-13 16:33 | 日常 | Comments(30)
2010年 02月 11日

水上 谷川・・・そして苗場2010

知らず知らずの内にクチずさんだり、鼻歌まじりで洗い物したり・・・まだユーミンライブの余韻に浸っている内に今年の苗場ア~~~ップ♪
今回は、美味しいお昼ご飯に、雪見の露天風呂、そして苗場プリンスで食べた夕食のフレンチが思いもかけず美味しくて大大大満足の
一泊二日でした。 もちろん、ユーミンライブは最高~024.gif 来年もよろしくね→旦那さま♪

f0208112_7251569.jpg
ニュースでは、新潟市内の大雪の模様や道路で

身動き取れなくなった車が10時間以上も脱出出来ずに

インタビューに答えてた人が「死ぬかと思った・・・」って。 

え~どうする?車やめて電車で行こうか? 

そんな会話を数日してたけど・・結局、晴れ男の威力を

信じ車を選択。 

結果・・・水上は、こんな感じ。


f0208112_7254628.jpg
2、3日前に降った雪で、確かに道路や山肌、家の屋根

には残雪が・・・・でも、一番心配していた関越道の

通行止めも無かったし三国峠も何事もなく通過! 

いよっ晴れ男037.gif

マジで晴天率・・・99.999%くらいなんだよなぁ005.gif


f0208112_72615100.jpg
今回のお昼ご飯は、温泉ブログで以前から覗かせて

貰っていた蕨屋さんお勧めの

「山路」に行ってみることに・・・

水上インターを降りてから20分程走って

小さなスキー場のすぐ前にそのお店はあった。
ペンション経営が主のようだが、昼間はスキー客も見込んでか美味しい釜飯やほうとうが食べれる。
f0208112_727183.jpg

外観も店内も、木のぬくもりが暖かな造り。まさしくペンション!って感じの趣きでいくつもの暖炉が店内に・・・いい雰囲気です。

f0208112_728978.jpgf0208112_7282879.jpg

f0208112_7285686.jpgf0208112_7291884.jpg


f0208112_7295174.jpg
そして、朝ご飯を抜いて・・・待ちに待ったお昼♪
先の蕨屋さんが絶賛していた「ほうとう」を注文

実は私、ほうとうってあんまり得意じゃない・・・
で、頼んだのは旦那の方だったんだけど

ちょっと味見・・・・

うっうっうっまぁ~い005.gif何これ?
ほうとうって味噌味じゃないの?え?
何この醤油ベースの濃厚な出汁・・・

これでもかっ!ってくらいのタップリの
キノコや山菜。

ほうとうの、味噌~味噌~した味がイマイチ
好きじゃない私だけど、このほうとうは・・・・

本当に美味しかった・・・絶対にまた食べたいっ


f0208112_7302573.jpg
  で、こっちが私の頼んだ五目釜飯

  これも・・・・ちょっと思い出しただけで

  またすぐにでも食べたくなっちゃう045.gif

  左下の舞茸のお吸い物も最高~~

  釜飯なので20分強待たされますが・・・

  いやぁ待ったなんてどっかに吹っ飛んで

  しまうくらい、美味しいです!マジ043.gif


f0208112_7305561.jpg
かき混ぜると・・・・

釜飯の方にも山菜たっぷり・・・・

はぁ~~ ホントに美味しかった♪

この場をお借りして

蕨屋さま・・・素敵なお店を

アップしてくださり感謝です。

水上方面に行ったら、ウチは

必ずこの「山路」さんに寄るでしょう。

美味しいお昼ご飯でお腹も心も満たされたので、次の目的、日帰り温泉へ向かいます。  町営の温泉施設  湯テルメ谷川 
f0208112_7312645.jpg


f0208112_732297.jpg
駐車場に何台か車が止まっていたので、先客さんも

何組かいたけれど、比較的空いているお風呂でした。

男女別に内湯と川沿いの露天があります。

内湯の湯船は全部で3つ。 

なかなか充実しています。


f0208112_7323395.jpg
  源泉はかなり熱そうですが、掛け流し。

  サラッとしていて、湯切れの良い、いいお湯でした。

  大人入浴料金 @550

  いやぁこの料金だったら大満足♪

楽しみにしていた雪見の露天へ向かいます。屋根付きの階段を下りていくのですが、割と長い距離で^^;  寒かったぁ~009.gif

f0208112_7332260.jpgf0208112_7335119.jpg

f0208112_7343162.jpgf0208112_7345214.jpg

露天風呂が見えてきました~~ わぁ~い念願の雪見風呂だぁ043.gif
f0208112_7353220.jpg

f0208112_7369100.jpg
最初に入った時は、金髪の外人さんが

先客で一人いたので

写真を撮るのをジッと我慢・・・

のぼせた~


f0208112_7364756.jpg
  雪だるまを作ったりしながら

  外人さんがお風呂から上がるのを

  辛抱強く待つ(爆)

  だって、雪を見ながら

  触りながらのお風呂って

  初めてで、雪をかぶった岩肌の

  風景もすごく綺麗だったから

  絶対に写真に残しておきたくて・・・


f0208112_7371698.jpg
カラスの行水だった私が、旦那さんが

心配するほど長湯をするようになった・・・

休憩所に行くと「20分以上ここで待ったよ、

のぼせて倒れてるんじゃないかと思った」 

って。 


f0208112_7374791.jpg
だぁ~れもいなくなった露天風呂で、人の目を気にする事無く

お風呂に入れる幸せ。 

さっきの外人さん・・・・

片一方しか無い私の胸を物珍しそうに覗いていた・・

わかっちゃうんだもんね・・・視線が突き刺さるから。

でも、なんだか今回は両手で胸を隠そうとはしなかった・・・

無いものは無い015.gifしょうがないもんね~


f0208112_234364.jpg
さて、お腹も満たし暖かい温泉で身体も癒された後は

今回のメインイベント ユーミンのコンサートライブ会場

苗場プリンスへと向かいます。


f0208112_245721.jpg
     バンクーバーオリンピック参加の

     上村愛子さんからもお花が


f0208112_1243212.jpg
ホテル内にある小さなホール(1000人くらい収容)での、ライブ。
写真左後方に、ホールへの入り口があります。
毎年、この場所でみんなが記念撮影037.gif

どうしてだか、解らないんだけどこの前で写真撮るのに
既に行列だったりします003.gif
協賛のダイハツ車が展示してあるからかなぁ?
で、一応私もパチリ♪f0208112_2213078.jpg


f0208112_2152996.jpg
一昨年に引き続きゲレンデビューの今回の部屋。 

ライブが目的なんだから、駐車場側の狭い部屋でいい!

と私は力説してきたが(爆) 

予約を入れてくれたのは、この部屋・・・

サンキュウ→旦那♪


f0208112_2283543.jpgf0208112_2285065.jpg


f0208112_2303416.jpgf0208112_2304849.jpg

いやぁ~今回の苗場 夕食に選んだフレンチも美味しくてビックリ005.gif一泊二日の料金内で夕食のレストランを選べるんだけど、今回初めて
フレンチを選択。 追加料金だったけれど美味しかったので大満足のディナー(おっしゃれ~037.gif)でした。

f0208112_234372.jpgf0208112_2345227.jpg

まずは、食前酒とビールで乾杯♪ ライブは9時半からなので、夕飯もゆっくり食べれます。
f0208112_2423595.jpg

f0208112_2435194.jpg
オードブル


f0208112_2443479.jpg
コーンスープ カプチーノ仕立て


f0208112_2445487.jpg
鱈と白子 白ワインソース


f0208112_2471260.jpg
ハーブサラダ


f0208112_2474488.jpg
牛フィレ肉のグリル マデラソース      


f0208112_2481495.jpg
デザート コーヒー

レストランのスタッフがとても感じが良く 料理の写真を撮っていた私に、「お二人でも是非・・・お撮りいたします」
と言ってくれたので、久々のツーショット  なんだか照れますね016.gif
f0208112_122229.jpg


f0208112_342837.jpg
夕飯を食べて 部屋に戻り 窓からゲレンデに

目をやると、ナイタースキーを楽しむ若者が・・・

あ~昔は私もペンションのお客さんが置いてって

くれたリフト券でバイト仲間とナイター滑りに行ってたなぁ・・・

懐かしい



さあ・・・いよいよライブ開演です


f0208112_39613.jpg
2時間40分のライブが終って部屋に戻った頃

ナイターの灯りはもう消えていた・・・

隠れた名曲&懐かしさに思わず涙ぐんでしまった曲・・・

その昔 OLのバイブルと謳われた松任谷由実さん。

30年以上も不動の人気と歌唱力を維持してきた

その姿にただただ脱帽・・・


f0208112_11591864.jpg
今回は、私の25年来の友人夫婦も一緒の苗場だった・・

高校を卒業して、初めてお勤めした会社の同僚だった彼女。

うわっ数えてみたら・・出会ってから27年だよ!まいまい005.gif
歳取るはずだよね~~ でもお互い気持ちだけは若いよね

初めての苗場ライブを本当に楽しんでくれて、チケットを手配した

私達もホッとしたョ045.gif ライブの余韻に浸りながらワインで酒盛り・・・

Vサイン・・・・今時しないか023.gif


f0208112_3274016.jpg
      翌朝も快晴

      修学旅行で来ていた中学生が朝早くから

      滑っていた。


f0208112_3294625.jpg


来年もまた同じ風景を見に、ここに来れますように・・・


2010年の誕生日も幸せな一日となりました。

また頑張ろ・・・いろいろね


f0208112_3341651.jpg


by satomi-kazu | 2010-02-11 01:49 | 冬の恒例 苗場@ユーミン | Comments(29)
2009年 09月 22日

奥多摩 鳩ノ巣渓谷



f0208112_1283740.jpg
国立では、昨日からお祭りらしい・・

って興味が無いと、こういう情報は全く解らず

外に出て見て初めて知った^^

威勢のいい男衆達が 慣れた手つきで

屋台の組み立て準備をしていた。


f0208112_1291255.jpg
個人的な事だが、私・・お祭りってあまり好きじゃない

その想いは子供の頃から・・・何故だろう?って

考えてみたんだけど明確は理由が自分でも解らない

祭り囃子や、沢山の屋台、活気溢れる雰囲気・・・

浴衣・・綿菓子・・金魚すくい・・・子供が喜びそうな

シュチュエーションたっぷりなのにね^^;


f0208112_12224065.jpg
という事で お祭りには目もくれず、昨日は青梅街道をひた走り、奥多摩の

鳩ノ巣渓谷までドライブがてら日帰り温泉に浸かってきました。

写真は奥多摩大橋・・・かなり立派です!(ちょっと驚き)


f0208112_12233788.jpg

橋の上から下を見ると・・・家族連れや若い人のグループなどが河川でバーベキュー 楽しげな声が響き渡っていました。
f0208112_12314633.jpg

アウトドアねぇ~・・・これもあまり好きくないなぁ(爆) 皆さん雨が降り出したらすぐ非難してくださいね!
f0208112_1232587.jpg

f0208112_12385227.jpgf0208112_123994.jpg
奥多摩大橋を後にして、国立から約45km 
下道でしたが、さすがの連休でかなり渋滞も
していました。
45kmを1時間半かけて
鳩ノ巣渓谷 一心亭に到着です

f0208112_12392985.jpg


f0208112_12463232.jpg

宿 玄関入り口 部屋数が8室ほどあって宿泊も出来ます。

渓谷沿いに建っているので部屋からの眺めは良さ気です。

旦那曰く 20年以上前にお蕎麦を食べに来た・・そうで

これまた記憶は忘却の彼方へ・・・


f0208112_1247071.jpg

ロビー・・・

おっ!なかなか小綺麗じゃあ~りませんか^^

ちょっとお風呂期待しちゃってもいい??

日帰り入浴@1000円 タオル付き


f0208112_12574677.jpg
2階に上がって お風呂入り口

加温、循環有り・・・温泉成分表が一応掲げてあります



宿泊の人は時間で男女が入れ替わるんだろうなぁ・・・

入れ替わらなかったら怒っちゃうだろうなぁ・・・


f0208112_12584292.jpg
私が入った女湯です・・・・・・・・・

旦那が入っていった男湯が異常に気になりました(爆)
だってぇ・・・あまりの狭さに・・

これって1000円の入浴料取るお風呂じゃない!

せいぜい500円だよ~~・・・と

ひとりで呟いた。

運良く 誰も入ってこなかったので

ひとりで自宅風呂のように浸かりはしましたけどね^^

カラン 3つ・・・も要らないっしょ^^;お湯の感じは、お風呂のタイルの色も影響してるんだろうけど、微かに緑がかった色をしていて
匂いは蟹の甲羅のような・・・そんな匂いがしました。お湯は意外にもトロっとしていて、出た後はツルツルになりましたよ

f0208112_1371294.jpgf0208112_1374392.jpg


f0208112_13152941.jpg
男湯です。 
旦那が入った時に4人のグループ男性が先客で

いたので出てきて誰もいなくなった時に撮りました

大人4、5人が浸かれそうな湯船です。 

大きな窓から外の景色も楽しめます。

女湯は岩とタイルに囲まれて小さな窓さえありませんでしたから・・


f0208112_13162797.jpg

ん~ お湯の色はやっぱり、微かに緑色でしたね。

それにしても、日帰りの利用客の人数に合わせて

男湯か女湯を決めるのですかね?

こっちのお風呂だったら1000円でも・・・

まっいいっか!って思えるけども

私が入った女湯で1000円は・・・ないよぉ~


f0208112_13282233.jpg
さぁ~気を取り直して^^; お蕎麦です!

宿泊棟と向かい合った別棟に 食事処があります

宿のHPには・・・

景色か蕎麦か のキャッチフレーズが・・・

そっかぁ~景色かお蕎麦だったのかぁ(ふふっ)

お風呂に期待しちゃいけなかったのね(爆)

入り口に、蕎麦打ち場があります。


f0208112_13285983.jpg
結構広い食事処です

渓谷を見下ろせる窓際には座れませんでしたが

広々として、なかなか寛げました。


f0208112_1339489.jpg
まずは、岩魚の塩焼き

帰りの運転は私がすると決めていたので

生ビールと共に 旦那さんが食しました。

私もちょこっと味見・・・

なかなかGood♪♪


f0208112_13421640.jpg
名代 手打ちもり蕎麦 一人前@630

大盛りは有りますか?の問いに

「無いです」 

即座に 「じゃぁ、もり蕎麦3人前お願いします」

蕎麦好きな旦那さん、一人前じゃ絶対に

足りない!って言うに決まってます。

まん丸な籠に山盛りで運ばれてきた、太めの麺・・・・

ん??太めな麺は私の苦手部類なんだけどぉ025.gif


f0208112_13463254.jpg
2人前のもり蕎麦をぺろりと平らげた旦那さん

ただ20年以上前に食べた遠い記憶の蕎麦の味とは

微妙に違っていたそうです。

私の個人的感想も然り・・・

麺にコシが無いように感じられ、つゆの味も

何故か市販の麺つゆのような味で・・・ん~残念っ

朝ご飯抜きだったので、取りあえず完食011.gif
ゴメン辛口^^;


f0208112_13564457.jpg
さぁ~て・・景色か!蕎麦か!・・・なのでそそくさと散策に^^

吊り橋の手前に

「5人以上で同時に橋を渡らないでください」の注意書きが・・・

怖がりの旦那さん、「1、2、3・・・」と人数を数えてます(爆)

確かに大勢が此処を歩くとかなり揺れました。

外国からきていた人達も揺れる度に 

「ワォ~!!←英語風~」と楽しそう^^

橋の上から眺める景観は、素晴らしかった!中国の墨江のような風景でした。
一番右の写真に写ってる数人の人影わかりますか?かなり小さく写ってます。吊り橋が相当な高さなのが解ってもらえるかと・・

f0208112_146586.jpgf0208112_1462294.jpgf0208112_1464628.jpg

     吊り橋を降りて 河のすぐ側まで降りてみました。 水がキレイです。 ん~多摩川侮れません^^
f0208112_14152116.jpg
    思いもかけずに、マイナスイオンをたっぷり吸えました♪
f0208112_14153634.jpg

さて、予定通り私の運転で帰路に着くことにしますか。 国立からは45km道が空いていれば小1時間で、都内とは思えないような景色を
見る事が出来ます。こう考えてみると・・東京都も広いなぁ おつかれさま~

by satomi-kazu | 2009-09-22 14:33 | 日常 | Comments(11)